トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解決策】酢と重曹で直す

突然トイレがつまったら水回りの修理の専門家に依頼するのが一般的ですが、もしかしたら自己解決することができるかもしれません。中でも有名な方法が酢と重曹を組み合わせてトラブルを解消する方法。入手方法が容易で材料費も安価なので、これでトイレつまりを解消させれば理想的です。

トイレつまりを解消するための用意をする

トイレが詰まった場合の対処方法としては、お馴染みなのがラバーカップを使用する方法です。圧力の力を利用して、閉塞を生じさせている障害物を取り除きます。それでは酢や重曹を利用するのはどのようなメカニズムを利用しているのでしょうか。

科学的に酢は酸性、重曹はアルカリ性を示しますが、両者を混合すると化学反応で炭酸ガス(CO2)が発生します。炭酸ガスが発生すると大量の泡も生じるので、その効果で汚れ成分が落ちやすくなります。さらに水を流すことで水流の力で物理的に除去するというわけです。

それでは実際にこの方法を実践するときに必要になる、材料を確認しておきましょう。用意するのは酢が計量カップ半分ほど(100ml)に重曹150gほど(計量カップで言うと4分の1ほど)、見た目の印象ではそれぞれが2:1ほどの分量になります。これらをとかすための水は40度から50度ほどのぬるま湯、これを1.5ℓほど用意してください。

ちなみにお酢がないときはクエン酸でも代用できます。 お湯の分量の目安ですが、便座の排水口の水を抜いてからその後投入するので、便座の半分程度を満たす分量を用意しておけばいいでしょう。

なお掃除の際には熱湯に重曹などを溶解させることがありますが、熱湯を使用するのは控えるのが賢明です。高温の影響で便座にひびがはいるなどの影響がありえるからです。

トイレつまり解消の際の作業手順

それでは実際にトイレつまりを解消する手順を御紹介します。まず事前準備として止水栓を止めます。これは清掃中にあやまって水を流してしまうのを回避するためと、洗浄装置の誤作動による水の飛散を防止する意味合いがあります。

止水栓はタンクの左右いずれかの横側についています。マイナスドライバーまたはプラスドライバーで動かせる仕様になっていますが、右回りにまわすと栓が閉まります。

続いて自動洗浄装置の電源もオフにするべく、電源コードを抜いてください。抜いたあとのコンセントも感電の恐れがあるので、ビニール袋などで養生し防止処理をしておきます。そしてトイレ内部は換気しておきます。炭酸ガスは二酸化炭素なので、密閉した環境では濃度が高くなると人体への有害性がありえるからです。

用意した材料を投入する前に、便座内部の水分を取り除きます。便器内の水の分量が多いと、濃度が低くなり十分な量の炭酸ガスを発生させることが困難です。牛乳パックの空き箱などでくみ上げることが出来ますが、抵抗を感じる方も多いのでサイフォンでくみ上げる方法がおすすめです。冬場の暖房のために利用する灯油などをくみ上げる道具ですが、安価で入手するのは容易です。

いよいよ用意した材料を投入しますが、ここで重要なのは投入する順番です。必ず重曹を先に投入して、酢はその後に追加投入してください。

効率的にトイレつまりを解消するためのポイント

用意した分量の酢と重曹を投入すると、シュワシュワ泡が発生するのを確認できるはずです。発泡現象があり炭酸ガスが活発に発生しているようなら、出来るだけ高い位置から用意したぬるま湯を注いで下さい。高い位置からぬるま湯を投入するのは、水流を強くして炭酸ガスの化学反応と、水流の物理的力を併用して、効率的に汚れを除去するためです。そのまま便座の蓋をして1時間ほど放置します。

1時間ほど経過したら、水で流すわけですが、つまりが解消されたかを確認するには、バケツに水をとるなどして少しずつ流してみることです。解消されていれば水がパイプ内に吸い込まれていきます。問題が無いようであれば、そのままバケツの水で流れてしまうことを確認します。

この手順でトイレつまりを解消するときのポイントは、重曹→酢の順番を絶対に順守すること、この順番がおざなりでは炭酸ガスが発泡する時間が短くなり効果が半減してしまいます。 そして泡を十分に発生させてから、ぬるま湯を流すことも重要です。

ぬるま湯を流す時は、十分に排水口の奥に行き届けることを意識することがポイントです。単純に勢い良く流してしまっては、炭酸ガスの発泡による汚れの分解作用が十分に発揮されないからです。

重曹と酢の作業が終了したあとは、ラバーカップで仕上げると、より効果的にトイレつまりを解消させることが出来ます。ラバーカップもうまく活用して、トイレつまりを解消して下さい。

 

発生すると解決に迫られるトイレつまりは、身近にある重曹と酢を活用することで解決できる場合があります。この方法で必須なのは、重曹を先にいれて酢を後にする順番を順守することです。トイレつまり解消を確認するときには、少量の水から試して流せば水があふれ出る事態を予防できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧