トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレの修理を依頼したら高額請求された!そんなときの対処法とは?


急なトイレのつまりや水もれ。急いで業者を探し、修理してもらったが高額請求されてしまった。日常生活の中であまり起こらないシチュエーションがゆえに、トラブルになるケースが発生しています。この記事では、トイレ修理で高額請求された時の対処法や対策、そして安全な業者選びなどを詳しく解説します。

悪徳業者による高額請求は実際にある

国民生活センターの相談に「トイレ修理で高額請求された!」という事例が実際に報告されています。自宅のトイレが詰まり「数百円から」と記載された広告を頼りに修理を依頼しました。

1つの修理方法では直らず「ほかの作業も必要」と次々に提案され、最終的に50万円を超える請求を受けてしまいました。このように想定していたよりも、高額な金額を請求され、トラブルになったケースがいくつもあります。

高額請求されたときの対処法

万が一高額請求された時の対処法を、いくつかご紹介するので参考にしてください。ただし、あまりにも強引に迫られ、自身の身に危険を感じた場合は速やかにその場から離れ、警察に通報するなどの措置をしてください。

明細書・請求書を提示してもらう

作業を終えたあと、領収書だけを渡して、内訳は明示しない業者も存在します。金額に納得していなくても、支払ってしまえば了承したとみなされてしまうので、支払う前に内容をしっかり説明してもらいましょう。ここで、支払いを早急にせまってくる時は要注意。請求額に納得できない場合は、納得した金額で後日支払う意思があることを示して、その場での支払いは断りましょう。

国民生活センターに相談する

すでに高額な費用を支払った場合は、国民生活センターに相談してください。専門の相談員が処理にあたっています。

クーリング・オフ

もし料金を支払ってしまっても、見積もりを頼むために呼んだ事業者とその場で契約してしまった場合や、インターネットやチラシ等の表示額と実際の請求額が大きく異なった場合などは、クーリング・オフできる可能性があります。

高額請求されないための対策法

トイレの修理は緊急性が高く、焦ってしまい、運悪く悪徳業者に依頼してしまった。また、修理の相場がよくわからず、高いと思いながらも支払ってしまった。というパターンが見受けられます。

焦らず対処する

まずは、故障しても焦らず対処することが大事です。水漏れの場合は止水栓を閉める。詰まった場合はそこまで緊急性は高くないので、ラバーカップ等を使用してみる、それでもダメな場合は、一呼吸おいて業者を探しましょう。

見積もり依頼

急いでいたので、依頼の時点で見積もりを確認しないで作業が終了。気がつけば高額請求されてしまった。そんなことを防ぐためにも、見積もりは必ず取りましょう。見積もりを依頼する場合は、1社だけではなく、2~3社分の見積もりを取り、複数社を比較することが重要です。見積もりの料金の違いや、説明のわかりやすさ、丁寧さも意識しておきましょう。

低価格を強調した宣伝に注意する

チラシやネット広告で極端な低価格を強調したものは、注意が必要です。また、多くの場合サービスの中の「最低価格」であることが多く、一見お得に見えて、修理が終わってから多額の請求をされてしまうケースがあります。状況によっては最低価格では依頼できないこともあります。

業者に連絡をした時点で状況を説明し、広告の金額で修理できるのか、できない場合はどのくらいの修理費用になる可能性があるのかを、しっかり確認しておくのがよいでしょう。また、出張費や時間帯での追加料金などもあわせて確認しておきましょう。

高額請求されないための業者選び

そもそも高額請求されないためには、信頼できる業者を選ぶことが重要です。とはいえ、実際にどうやって選べばいいか分からない、インターネット検索で上位に出てきた業者が信用できるのではないかなど、判断が難しいと思いるため、信頼できる業者を選ぶポイントをご紹介します。

水道局指定工事業者である

これは法律で定められた基準により、適切に施工できると認められた業者のことです。しかし、全国規模の企業から、地域密着の個人設備屋などいろいろな業者が登録されています。見積もりを依頼するなどして、しっかり確認してから判断しましょう。

出張費や見積もりが無料

基本的に出張費や見積もりが無料の業者に依頼するのがおすすめです。料金や修理内容に納得がいかなかった場合にキャンセルがしやすく、ほか業者との複数見積もりをした場合に、お金をかけずにすむメリットがあります。

運営会社がしっかりしていて、実績も豊富

業者のホームページで会社概要や創業年数など確認しておくのも、判断に役たつでしょう。また、口コミや評価も判断材料になるので、さらに信憑性も上がります。ネット広告やマグネットシートで見かけたような業者だと、信頼できそうと思い込みがちですが、実績が豊富にあるとは言い切れないので注意しましょう。

まとめ

この記事ではトイレ修理での高額請求の対処法についてご紹介しました。まず、トイレが故障しても落ち着いて対処するのが大事ですが、一番重要なのは信頼できる水道業者を選ぶことです。友人から紹介してもらうか、普段から信頼できる水道業者に定期的に点検を依頼しておけば、突然のトラブルでも慌てないで対応できるでしょう。万が一、高額請求にあった場合は、本記事を参考にして頂ければと思います。

トイレのつまり・修理業社 おすすめはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
トイレのつまりに関するコラム