トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレに異物を流してしまった!即座にするべき対処法とNG行動は?

トイレ 異物

トイレに異物を誤って流してしまったとき、慌てず冷静な対処が重要です。この記事では、即座に実践できる対処法と避けるべきNG行動に焦点を当て、トラブルを最小限に抑える方法を解説します。異物の種類や排水管の状態によって適切な手段が異なるため、しっかりと確認し、専門業者に頼ることも視野に入れましょう。

トイレに流してはいけないもの

トイレは日常生活のなかで欠かせない場所であり、正しい使い方によって長寿命で効果的に機能します。しかし、注意が必要なのは何でもかんでもトイレに流してしまうことは避けるべきだということです。

正確な使い分けがないと、予測せぬトラブルの原因となりかねません。

ティッシュペーパー

まず、トイレに流してはいけないものの代表格として挙げられるのがティッシュペーパーです。一般的なトイレットペーパーと異なり、ティッシュは繊維が長く絡まりやすいため、排水管を詰まらせる恐れがあります。

このような不具合は、日常のトイレ使用で起こり得る問題のひとつです。

ペットのフン

また、ペットのフンもトイレに流してはいけません。犬や猫のフンは水に溶けにくく、毛が混じっているため、排水管を詰まらせる原因となります。

ペットの飼い主は、フンをしっかりと回収し、一般のゴミとして処理するよう心掛けましょう。

生理用品

生理用品は水に溶けず、トイレの配管を詰まらせる原因となります。使い終わったら、ゴミ箱に捨てましょう。

検尿・検便カップ

医療関連のアイテムはトイレに流してはいけません。自治体の指定処分方法に従って処理しましょう。

マスク

とくに最近ではマスクの不用品処分が増えていますが、トイレに流すべきではありません。普通のごみとして処分するか、マスクのリサイクル方法を検討しましょう。

小さなアイテム

ボールペン、メガネ、アクセサリー、コスメ、ライターなど、小さなものでも水に溶けないものはトイレに流さないでください。適切な処分方法を選びましょう。

水に流せるタイプのお掃除グッズ、嘔吐物

水に流せると表記されていても、中には水に溶けないものが存在します。普通のごみとして処分しましょう。また、嘔吐物もトイレに流すのではなく、適切な方法で処理することが重要です。

トイレに異物を流してしまった場合の対処法

トイレに異物を流してしまった場合、冷静かつ迅速な対処が重要です。まず最初に、流した異物が水に浮かんでいるか確認しましょう。

もし異物が目に見える範囲にある場合は、以下の手順で対処できます。

手袋を着用する

異物を取り扱う際は、手袋を着用して保護しましょう。これにより衛生面でのリスクを最小限に抑えます。

異物を取り除く

手で取り除ける大きな異物は、手袋をつけて注意深く取り除きます。しかし、異物が排水口の奥に進んでいる場合は、自力での取り出しが難しい可能性があります。

排水テストを行う

排水テストを通じて、異物がどこまで進んでいるかを確認します。トイレットペーパーを丸めて便器に入れ、汚水桝までトイレットペーパーが流れるかを確認します。

専門家に相談する

異物の取り扱いが難しい場合や排水テストで問題が発覚した場合は、すぐに専門の業者に相談しましょう。自力での解決が難しい場合でも、プロの手によれば迅速かつ確実に問題を解決できます。

異物が液体に溶けない素材の場合

異物が紙や水に溶けない素材でできている場合は、ラバーカップやワイヤーブラシを使用して詰まりを解消しましょう。ただし、無理な力で作業するとトイレや排水管に損傷を与える可能性があるため、注意が必要です。

トイレに異物を流してしまった場合のNG行動

トイレに異物を誤って流してしまった際、適切な対処が重要です。以下の行動は絶対に避けましょう。

流した異物を放置する

「水が流れていくから大丈夫だろう」と放置することは危険です。異物が水に溶けないものであれば、いつか排水管で詰まりを引き起こす可能性があります。早めの対処が重要です。

何度も水を流す

異物が便器や排水管を詰まらせている場合、何度も水を流すことは効果的ではありません。むしろ、異物を奥に押し込む可能性があります。冷静になり、次のステップを検討しましょう。

ラバーカップを使用する

ラバーカップ(スッポン)は一般的にトイレつまり解消の手段として知られていますが、異物が水に溶けないものである場合、使用は避けるべきです。排水管の曲線に異物を詰まらせ、より深刻な状態を引き起こす可能性があります。

排水テストを怠る

異物が排水管にどれだけ進んでいるかを確認するための排水テストは怠ってはいけません。トイレットペーパーを使って排水テストを行い、異物の進行具合を確認しましょう。

DIY修理を試みる

トイレのプロでない限り、DIY修理は避けるべきです。専門家の助けを借りずに行うと、問題を悪化させる可能性が高まります。安全で確実な解決策を求めるためにも、プロの助けを仰ぎましょう。

まとめ

トイレに異物を流してしまった場合、即座な対処法とNG行動に注意が必要です。異物の種類や状況によって適切な対策が異なります。NG行動を避け、冷静に対処することが重要です。

異物の種類や流れた先の排水管の状態を確認し、DIY修理や無理な水流しは避け、専門業者に相談することで問題を最小限に抑えましょう。トイレには排水テストや注意すべき流せないアイテムもあり、慎重な対応が必要です。

トイレのつまり・修理業社 おすすめはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
トイレのつまりに関するコラム