トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解決策】ワイヤーブラシで直す

住居設備で家族全員が共同使用するトイレは、トラブルが頻発しやすい箇所です。どのご家庭でも1度はトイレつまりを経験されているのではないでしょうか。

そこで今回はトイレつまりを直すために使用する「ワイヤーブラシ」の紹介と、その方法について紹介していきます。

トイレつまりが起こる原因は何?

トイレつまりと一言にいっても、その問題を引き起こす要因はいくつかに分類されます。一般家庭で起こる要因だと一度に大量のペーパーを流す・異物を誤って流すのほか、排水管内に汚れが溜まっているなどがトラブルの原因に挙げられます。

水洗トイレの場合、排水管の直径が12cmとJIS規格で定まっているため、それ以上拡張することができません。マンション等の集合住宅であれば階下へと直線ルートで配管が通されていますが、戸建て住宅の場合は配管が入り組んだ形で配置されており尚更途中で詰まりやすくなります。

小さなお子様がいらっしゃるご家庭の場合だと、おもちゃや文具などを便器の中に入れてしまうこともあるでしょう。これもペーパー同様に詰まりの原因ともなります。また昨今では室内飼いをなさっているペット用のトイレの砂を流されることでも詰まり原因の報告が多くなっており、トイレに流さないようにと注意が記されているほどです。

異物等を流されなくとも、配管が詰まる原因には配管内の汚れが溜まって水を塞き止めているということもあります。主にヘドロや泥が堆積しやすい屋外の配管内で、この場合は簡単な掃除をおこなえば問題を解決することが可能です。詰まり原因によって対処方法も異なってくるので、まず最初に何が原因でトイレつまりが起きたのか見定めてから必要な道具を購入しましょう。

つまりを解消するのに役立つワイヤーブラシとは

トイレつまりを解消するには専用の道具を使う必要があります。ラバーカップ(通称すっぽん)という道具を知っているという方は大勢いらっしゃることでしょうが、この道具は便器内の詰まりを解消するもので、排水管内のトラブルを直すことはできません。

排水管内の詰まりを解消させるためには詰まっている箇所にアプローチする必要がありますが、その役割を担ってくれるのが「ワイヤーブラシ」です。この道具はプロの専門会社も使用しているもので、ホームセンター1個1,500円程度で販売されています。直径1cm程度の細いワイヤーの先端に目の細かいブラシが備わっており、配管内の異物を取り出したり管内に付着している汚れを除去するのにも役立つものです。

ワイヤーブラシは1m~最大で10mまでの長さを有したものまで販売されていますが、一般家庭で用いる際は5mの製品が扱いやすいでしょう。ワイヤーブラシの先端にあるブラシはナイロン製のものと金属製の2種類があります。金属製は摩耗しにくくて配管内の汚れをよく落とせますが、取り扱う時の力加減が難しくて管を傷つける恐れもあります。年に数回程度しか使用しないことを考慮すると、傷をつけにくいナイロン製のブラシを選ぶのがいいといえます。

ワイヤーブラシはトイレつまりを直すのに必須の道具ともいえるものなので、一家にひとつは備えておくと役立つアイテムです。

ワイヤーブラシの使い方とトイレつまりを起こさないコツ

ワイヤーブラシを使って詰まりを直すには、便器の排水口からゆっくりとブラシを挿入していきます。柔軟性に長けているワイヤーなので、直線構造になっていない配管であっても形状にそって先端を押し進めることが可能です。

ゆっくりと挿入する理由は、詰まっている異物にブラシが接触した時の感覚を指先で感じ取らないといけないからです。異物が詰まっている箇所を探り当てられない場合は、ワイヤーをすべて配管内に入れてから前後左右に小刻みに動かしながら引き抜くようにすると異物を除去することができます。なお、ワイヤーブラシで詰まりを直している間は配管内に水が流れ込まないようにしましょう。

大半の詰まりはこのワイヤーブラシを使えば直すことができますが、もっとも効果的なのは普段から異物をトイレに流さないようにすることです。一般家庭で起こりやすいペーパー詰まりであれば一度にたくさんのペーパーを流さないように気を付けたり、シングルで水に溶けやすい製品に変えることで問題を未然に防ぐことができます。

また、水栓タンク内の水量を増やすことで水流に勢いがついて配管内に異物が詰まらないようにもすることが可能です。頻繁にトイレ詰まりを起こしているご家庭であれば、一度使用環境を変えてみるのも1つの手といえるでしょう。ご自身で改善できない場合は、専門会社に相談をしてみるといいです。

 

以上、ワイヤーブラシを使ってトイレつまりを直す方法の紹介でした。ワイヤーブラシは1個あたりの単価が安くて、入手しやすいアイテムです。初めて使用する時は直すまでに手間取るかもしれませんが、コツさえ掴めばどなたでも簡単に詰まりを解消できる便利な道具です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧