トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレで問題発生!マンションと一戸建てでは対処法は違うの?

一戸建てと同じように、マンションでもトイレのつまりや漏れといったトラブルは、日常でよく発生します。ただしマンションのような集合住宅の場合には、排水管の構造や管理会社への手続きなど、一般的な戸建て住宅とは異なり、対処法も何かと複雑です。ここではマンションでトイレの問題が発生した際に、どのように対処すべきか紹介します。

マンションでトイレのつまりや水漏れに直面したら

トイレがつまりを起こして流れにくい、便器でいつまでもチョロチョロと水が流れ続ける、マンションにお住まいの方でこんなトラブルで悩んでいませんか。そのままにしておくと、タンクをはじめ給水管や配水管、さらに床や壁にも被害を及ぼすかもしれません。

それどころかマンションのような集合住宅では、隣室や階下の住民にまで水漏れ等で損害を与えることもあります。そうなると、後から賠償請求されることにもなりかねません。ちょっとしたトイレの異変についても、迅速に対処することが求められます。

トラブルの原因がハッキリしており、症状の軽いものであれば、素人の方でも比較的簡単にトラブルを解消できるケースもあります。ちなみに軽度のつまりの原因や対処法については、一戸建てと比べて基本的に大きな違いはありません

トイレつまりの原因で最も多いのが、トイレットペーパーの使いすぎです。タンクの水流では処理し切れないほど大量に使用すると、水に溶けずに残り、つまりを引き起こすのです。このようなケースでは市販のラバーカップやワイヤーブラシ等で、つまりを解消することができます。もしこのような道具がなくても、ぬるま湯や食器用洗剤を代用することで、問題を解決することも可能です。

もう1つ原因としてよくあるのが、スマートフォンやアクセサリーあるいは玩具といった、固形物の落下によるものです。これも排水口付近など手のとどく範囲であれば、ゴム手袋などをして簡単に取り出すことができます。

マンション特有のトイレつまりにはどう対処する?

マンションは集合住宅なので、排水管の構造が特殊です。各世帯から伸びる専有部分の排水管と、最上階から垂直に下りてくる共有部分の排水管が連絡しています。これは一戸建ての排水構造と決定的に異なる点です。実はこの特有の構造によって、トイレにトラブルをもたらすケースがよくあります。

共有部分の排水管には、各階にある複数の世帯から一度に大量の排水が集まります。何らかの原因によって共有部分の排水管がつまると、専有部分の排水管にまで逆流して、結果的に各世帯のトイレが使えなくなることがあります。 排水管つまりの位置や範囲、あるいは建物の構造や規模によっては、特定フロアの世帯だけでなく、その階下にある全ての世帯にまでトラブルが及ぶことさえあります。便器から水がなかなか流れない、突然あふれ出す、異臭や異音がするなど、症状も多岐にわたります。

このようなマンション特有の原因によってトラブルが発生した場合には、素人で解決するのは困難です。一刻も早く実績豊富な専門の業者へ連絡する必要があります。

新築のマンションを中心に、タンクレスや節水タイプのような最新式のトイレが増えています。実はこのような最新式のものには、つまりやすい製品もあります。従来のように水圧で押し流すのではなく、少ない水量で排水する仕組みになっているのが原因です。水の流れが弱いので、どうしても便器がつまりやすくなるのです。 これも自分で対処できなければ、速やかに専門の業者へ依頼するのが無難です。ただし管理会社との関係で、勝手に依頼できないケースもあるので、よく確認しましょう。

トイレのトラブルに対処する前に注意すべきこと

先述したように、トイレのトラブルには様々な原因や対処法があります。自分で問題を解決できるものから、専門の業者へ依頼する必要があるケースまで様々。ただしマンションのような集合住宅では一戸建てとは異なり、管理会社との取り決めに注意することが重要です。

というのも、水回りのトラブルが発生した場合には、調査や工事そして費用負担の流れ、あるいは管理会社が指定する業者に至るまで、契約や約款で細かく規定されていることがあるからです。これを知らずに勝手に修理を進めると、後から費用負担の問題で揉めることにもなりかねません。

また自分で専門の業者へ依頼する場合でも、管理会社に見積書の提出を求められることがあります。複数の業者から詳しい見積書を取るなどして、後から管理会社とトラブルにならないように備えましょう。

もう1つ注意しなければならないのは、火災保険の適用範囲です。マンションに入居する際には、何らかの火災保険に入るはずです。保険の種類や適用範囲によっては、水回りのトラブルもカバーしていることがあります。

トラブルに直面しても費用負担で困ることがないように、あらかじめよく契約条項を確認しておきましょう。 特に自己の過失でトイレの修理が必要になった時には、火災保険が役に立つケースがあります。なお自分で保険会社へ申請して手続きをしないと、保障は下りません。これも忘れないように覚えておく必要があります。

 

ここまで紹介してきたように、マンションでのトイレのトラブルには、様々な対処法があります。ただし排水管の構造や管理会社との関係など、一戸建てとは大きく異なる、マンション特有の事情も忘れてはなりません。後からトラブルにならないように、あらかじめよく確認しておくことが肝心です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧