トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

ヤバイ!トイレの水が溢れてきた!そんな時の対処法とは?

本来流れるべき便器がスムーズに吸い込まれることなく、逆流してきたら、想像するだけでも恐怖を覚える事態です。しかも突然発生するので、パニックになり惨事を広げてしまうことにもなりかねません。

トイレの水が溢れてくるのは、何らかのつまりが発生しているのが原因なので、解消するために正しく対処法を実践することが必須と言えます。

水が溢れてきたら、それ以上の悪化を防ぐのが先決

トイレは一日に最低でも数回は使用する設備なので、流れるのが当然で逆流してくるなんで誰も想定していません。用便を達すればそのまま反射的にレバーを引いてそのまま後にするのが通常なので、万一ゴボゴボとの音を上げながら、溢れそうになる状況に直面するとパニック状態になり、ついつい再度レバーを引きがちですが、ここが要注意のポイントです。

そのまま放置すると一時的に改善したように見えてたので、仕上げの一ひねりのつもりでレバーを引くと、便座を超えて溢れてしまいます。 そこで大事なのは、レバーにはこれ以上手を触れないことです。便器とタンクは連動した仕様になっているので、流れなくなっても便器のふちでとどまるようになっています。

これ以上の水の増加を回避するためには、止水栓を止めることが先決です。止水栓はタンクと接続していますが、プラスドライバーかマイナスドライバーで締めることが出来る仕様です。

次に問題になるのは、プロの手助けを得ないで解決可能なのかを、見極めることにあります。水が溢れてくる原因はつまりにあります。

自力解決できるのはつまりの原因が、トイレットペーパーや排泄物、トイレ用ウエットシートなどを一度に複数流してしまったなどです。これらは水に溶ける性質をもっているので自力で対処法を実践できます。これに対して身につけているアクセサリーやトイレ内部の什器などは物理的に除去することが必要で、専門家のサポートが必要です。

王道のラバーカップでトイレのつまり解消を試みる

トイレで便器内に逆流が見られるのは、つまりが原因なの対処法の基本は閉塞状態を解消し、排水機能を回復させることにあります。この用途に特化したのがラバーカップです。

ラバーカップは空洞の半円状のゴム素材の掃除器具で、圧力をかけることで詰まっている原因物を移動させて隙間を生じさせるという特徴を持っています。そこでラバーカップを活用した自力でのつまりの対処法を御紹介します。

ラバーカップ以外に用意するのは、バケツとゴム手袋に雑巾と新聞紙若干に灯油用シュドウポンプ・ひしゃくです。まず便器やその周囲にこぼれた汚物はトイレットペーパーで除去し、汚水などは雑巾で拭き取るかペット用のシートで吸い取ります。続いて便器の周囲の床面に新聞紙を敷き詰めて、汚物が床に直接触れないように養生してください。

ラバーカップを使用する前に、便器内の水は可能なかぎりひしゃくや手動ポンプなどで吸上げて起きます。目安は便器の下に5cmから10cmほどの空間が出来るくらいです。 いよいよラバーカップを便器に投入しますが、あくまで引き出して閉塞部分を動かし、すき間を作ることにあります。つまりの原因を手前に引き出したり、固形が崩壊することで流れてゆくメカニズムです。

くりかえしラバーカップを引きだす内に、下ってきたらバケツに汲んだ水を流してゆっくりと入れてみて下さい。目に見えて状況が改善したら、少し高い位置からバケツの水を流しつまりの解消を確認します。

ラバーカップでも解決できないときの対処方法

ラバーカップを何回か繰り替えすうちに状況が改善することが多いですが、なかなか変化を観察できない場合があります。このようなときは汚れの酸性やアルカリ性などの化学的特性を利用することで、解決を見ることも。代表的なのは重曹と酢酸を利用する方法です。

つまりを来たしているのが尿石やトイレットペーパーなどのくずや、汚物の残滓などが化学変化して閉塞している場合に有効な方法です。 用意するのは重曹と酢(クエン酸でも可能)、グレードは色々なものが発売されていますが、掃除用に試用するなら工業用の廉価なもので十分です。

酢は液体なので100ccを計量カップで用意できますが、重曹は計量カップの4分の1程度にします。同時に50度前後の熱めのぬるま湯を1.5lほども準備しておきます。

まず便座内の水をできる限りくみ出します。直接手で触れるのは抵抗感が高いので、防水性に優れたゴム手袋できっちり手を保護します。そしてまず投入するのは重曹で溶けて発泡しているのを確認して、次に酢を投入して下さい。このときの化学反応で発生する炭酸ガスの泡が、内部の汚れ成分に物理的に刺激をあたえ汚れを剥がれ落ちることを可能にします。

発泡現象をしっかり確認できたら、少し間を置いて先ほどのぬるま湯を投入し、蓋を閉じて30分ほど放置してください。その後は少し水をいれ、ラバーカップで引きだす操作を繰り返し、つまりが解消できるか試みます。

 

トイレがスムーズに流れることなく、逆流してきたらまぎれもなく何かが詰まっている証拠です。アクセサリーや什器などの固形物は専門業者に任せるほかありませんが、そうでないならラバーカップを活用すれば解決可能です。それでも解消されないときは重曹と酢を活用してつまりの解消を試みます。これらの対処法を試しても、解決しないならプロにお任せするほかないでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧