トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

お湯を使ったトイレつまりの解決策

トイレがつまってしまい便器から水が溢れそう、まったく流れないわけではないけれどもタンクレバーを回して水を流すと水位が上がったままで減らないなどのトラブルが起きることがあります。そういった場合、業者を依頼する方が多いですが、紙類によるトイレのつまりであればお湯だけで解決できることもあるので試してみるとよいでしょう。

そもそもトイレのつまりの原因とは?

お手洗いは毎日の生活で欠かすことができない住居設備、このような存在感を持つ設備ですが、トイレがつまりによりお手洗いが使えなくなると大変なことになります。快適に使えるのが一番ではあるけれども、お手洗いのトラブルは住居内の水回りの中でも多いのが特徴です。

便器の中に捨てることができるものは、排せつ物と専用の紙のみ、これ以外のものを流そうとすれば狭い排水路内でそれがとどまってしまい水の行き場を失う、これにより水が流れなくなり最悪の場合は便器から溢れてしまうこともあります。

トラブルの原因で多いのは、トイレットペーパーやお掃除専用のクリーナーを大量に捨てるなどが挙げられます。水に流れるといっても一度に大量に流そうとすれば無理が生じてしまう、そのため流せるものでもつまることがある点を把握しておきましょう。

また、節水などの目的でタンクの中に瓶や水を汲んだペットボトルを沈めている場合もトラブルが起きることがあるため要注意です。その理由の中には排泄物を一度に排水溝に送るためには一定の水圧が必要であり、その水圧を決めているのがタンク内の容量です。

この容量が減ると適切な水圧で排せつ物などを送り出せなくなる、便器の排水路は水圧を使って流すなどからも狭い空間になっているため、適切な圧力が与えられないとつまってしまうこともあるため、現在瓶などを沈めている場合は取り除いておきましょう。

お湯とバケツを使いトイレのつまりを解消する

お手洗いで用を足してタンクレバーを回して流す、このとき便器の水がなかなか減らなかったり、便器から水が溢れてしまうなどのトラブルが生じることがあります。普段は最後まであまり見届けることはないけれども、流れが悪いと気になってしまう、そこで便器から水が溢れるような状態になるとパニックに陥る人は多いといえましょう。

溢れるくらいのトラブルは便器内の排水路に異物が水を遮っている状態ですから、これを取り除くことがトラブルの解消につながります。また、流れが悪い状態も同じように異物が流れを悪くしているため、この異物そのものを取り除いておかないと次回以降まったく流れなくなる可能性も高くなります。

長年使い続けている場合など、内部の排水路は異物がこびり付いた状態になっている、ここに大量のトイレットペーパーやクリーナーなどを流そうものなら、そこに流したものが絡み合っていせきを形成してしまうことも少なくありません。

これらのペーパー類は水に溶ける性質がありますが、この性質を高めることができるのがお湯です。お湯を便器に注ぎ入れて数時間そのままにしておく、その上で水を流して試してみるのがおすすめです。ただ、このとき流れが解消できていないと溢れることもあるため、あらかじめ便器内の水をある程度バケツに汲んでから行うと安心です。

ラバーカップをお持ちの場合は、お湯で柔らかくなった異物を取り除くために水圧を与えてみる、そのとき水が流れるようになれば問題解決です。

トイレのつまりをお湯で解決するときの注意点

水に流れるペーパー類は水に溶けやすい性質がありますが、頑固な汚れに絡み合っていたりすると大きな塊となり排水路内を止めてしまうこともあります。お湯を便器に注ぎ入れることで絡み合っている異物は柔らかくなるので取り除きやすくなります。

ただ、便器は陶磁器でありここに熱湯を入れるとひび割れが生じることがあるため注意が必要です。温度としては40度くらいのお湯を沸かして使うのがコツで、もしお風呂を沸かしているときであれば湯船のお湯を使う方法もおすすめです。

なお、お湯を注ぎ入れても取り除けない、このようなときはラバーカップや重層などのアイテムを併用するのがコツ、重層も異物を柔らかくする性質があるためこれを使えば簡単につまりを解消できることもあります。ラバーカップや重層などのアイテムはホームセンターなどで売っているので、万が一のトラブルのために用意しておくと安心です。

便器の水が溜まっている部分に先端のゴム製のカップのような部分を入れる、便器手前に向けてゆっくり押し付け、これ以上入らないような部分まで挿入した後、ゆっくり引き抜くと内部に水圧が与えられて異物を取り除くといった原理です。何も使わなくてもラバーカップで取り除けることもありますが、お湯や重層などを使えばつまりの原因になっているものが柔らかくなるためより簡単に取り除くことができます。

 

紙類によるトイレのつまりはお湯を使うことでその異物となるものが柔らかくなるので、取り除きやすくなります。ただ、便器に熱湯を入れると割れてしまうこともあるため40度くらいの温度のお湯を使いましょう。また、ラバーカップや重層などを併用すると簡単に解決できることもあるのでおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧