トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解決法】バケツの水で直す


トイレは様々な理由で詰まってしまうことがあります。そんなときには業者に依頼して直してもらうのが有効ですが、出来る限り自力で直したいという方も多いのではないでしょうか。そこでバケツを使って直す方法を解説していきます。その方法さえ知っていれば誰でも簡単に実施出来る方法なので、覚えておくと役立つ日が来るかもしれません。

本来溶ける物が溶けない時にはバケツが便利

トイレットペーパーなどは基本的に水に溶けるものなので、通常であればつまりの原因とはなりにくいです。しかしながら極端に量が多かった場合などには溶け切らずにつまってしまうことがあります。その時には水を増やして円滑に溶かすことが重要となります。

ところが、詰まっている状態ではトイレの内部から水を増やすということが出来ないケースもあります。そんなときに有効なのがバケツを使った対処法です。

まずはバケツに水を汲んできます。この時に用意するのは冷たい水でも問題はありませんが、ぬるま湯にすると一層問題解決に向けて効果を発揮します。

バケツに汲んできた水を便器に向かって少しずつ入れていきます。この時に大量の水を一気に入れてしまうと、一層つまりが悪化してしまうことになるので注意しておきましょう。バケツがない場合にはペットボトルを使用することでも問題はありません。

水を入れるときは少し高い位置から流すことが大切です。高めから水を入れると空気が同時に便器の中に入ります。これが円滑な水の流れを生み出します。

トイレットペーパーが溶け始めているかを確認することも大切です。トイレットペーパーではなく、ティッシュペーパーを詰まらせてしまった場合にはこの方法でも対処できない可能性があります。それはティッシュペーパーの方が溶けにくいという特徴を持つからです。

便器内の水位に着目することも大切

バケツを使って便器に水をどんどん入れていくと水位が上がっていくことになります。水位が上がると詰まっている部分に水の動きを与えることが出来なくなり、水を入れても効果が薄れてしまいます。そこで便器の水位を下げることと水を入れることを繰り返すことが重要となります。

便器内の水位がそもそも高いという場合には、バケツを使って便器内の水を減らしておきましょう。便器内の水を十分に減らすことが出来れば、詰まっている部分に対して意識しながら水を入れていきます。こうすることでつまり部分に水の動きが発生し、トイレのつまりを解消できる可能性が上がります。

水を入れている最中にはつまっている物が溶けているかをチェックしておく必要があります。トイレットペーパーがつまっているように見えても、実は他の物が詰まっているケースもあるので注意しておきましょう。

つまっている根本的な原因がスマートフォンのように水に溶けないものであれば、どれだけ水をつぎ込んだとしても解決することはありません。バケツを使った対処方法はあくまで水に溶けるはずの物が原因の対処法です。ただし、詰まった原因が分からないケースにおいてひとまず水を入れるということは有効です。その水の流れを見ることによって根本的な原因をはっきりとさせられる可能性があります。その際には水位に注意が必要です。

レバー操作には注意が必要となる

バケツの水を使ってつまり部分に効果を及ぼしていくと、徐々に水が流れそうになることがあります。するとレバーを操作して流れるかを試そうと考える方も多いかもしれません。確かにつまりがなくなった場合には最終的にレバーで操作することにより、解決することが出来ます。しかし、それはあくまでつまりが完全に解消出来たタイミングでなければなりません。

バケツの水を入れて徐々につまりを解消している途中でレバーの操作をすることで、水が逆にあふれ出してしまうこともあります。すると、トイレ内が水浸し、衛生的にも非常に問題のある状態になってしまいます。それゆえにレバー操作を行うタイミングには注意しておくことが大切です。

バケツでトイレのつまりを直す際に衛生面に気を付けることは非常に重要となっていて、便器内の水が体や服に付着すると感染症の原因にもなってしまうことがあります。ある程度水が跳ねることも想定し、身体を完全に覆える服装で臨むようにしましょう。

便器内の水があふれだして体についてしまった時にはすぐに服を洗い、シャワーを浴びることが重要となります。トイレのトラブルが起こるとその問題を解決するために躍起になって、衛生面に気が回らなくなる可能性もあります。そのため、衛生面の重要性を頭に入れておき、清潔な水を使って問題を解消できるようにすることが大切です。

 

バケツの水を使った解消法はあくまで軽度なつまりの時に役立つ方法です。水に溶けにくい物が詰まった時や水道管内部に問題が発生している時には、この方法では解決できない可能性があるので注意しておきましょう。バケツの水を使うときは一気にではなく、じっくりと水を便器に入れていくことが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧