トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

異物を手を汚さすに取り除くにはビニール袋がいい?解決のコツ

自宅のトイレをつまらせてしまう原因はいくつかあります。もし異物のつまりが明確ならば、きちんと取り除くことで解消できるので試してみましょう。そのときに、手元にあるビニール袋を利用して、取り出そうと考えるかもしれません。こちらでは、ビニール袋がつまりを解消するときに利用できるのか説明して、さらに解決のコツを紹介します。

ビニール袋は異物を取り除くには向かない

スマートフォンや財布などをトイレに落としてしまった場合、手を汚したくないと考えて、ビニール袋を利用するのは間違った選択ではないでしょう。しかし、拾い上げられる状態ではなくつまっているのならビニール袋は向いているとはいえません。もしも、スーパーマーケットでもらえるようなビニール袋を利用しようと考えているのなら、作業の途中に破れてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

ちょっとしたことで敗れてしまう耐久性のものもあるため、爪が引っかかっただけでも汚れた水が入ってくるケースもあるでしょう。それを避けるためには、何枚か重ねて利用すればよいのですが、そうなると今度は作業がやりにくくなってしまいます。作業が難しくなって、異物を取り除くという目的を達成できなければ本末転倒です。

もちろん、ビニール袋を使って、手を汚さずに取り除ける可能性はあります。そのため、とりあえずビニール袋を試してみて、駄目だったのならほかの方法を考えるのもよいでしょう。

異物を取り除きたいなら手袋を利用しよう

異物を取り除くためには、指の動きが大切になるため、それを邪魔することのない手袋を利用するようにしましょう。ビニール袋はただの袋なので、指の動きをダイレクトに伝えることはできませんが、手袋ならばダイレクトに伝えられるため異物を取り除ける可能性が高くなります。

なお、当たり前ですが防水性のある手袋を利用しなければ、手が汚れてしまうので気をつけなければいけません。もしも、手を絶対に汚したくないのなら、ゴム手袋を用意するようにしましょう。ゴムではなくビニールで作られた手袋もありますが、そちらはビニール袋と同じ問題点があるのでおすすめしません。ゴム手袋なら破れる可能性が低いですし、何枚も重ねる必要がないので、安心してつまったものを取り除く作業がおこなえます。

ちなみに、ゴム手袋を購入するのなら、手首までではなく、肘あたりまで長さがあるものを選ぶようにしましょう。ゴム製ならば水が染みこむことはありませんが、長さが短いと、手を入れる部分の入り口から水が入ってしまうことがあるからです。ドブさらいなどの作業ではなくトイレの作業なのですから、腕全体ではなく肘まで長さがあるゴム手袋でも、手を汚す心配は限りなく低くなるでしょう。長くなったからといって価格が跳ね上がるわけではないので、簡単に肘までの長さがあるゴム手袋を用意できるはずです。

取り除ける範囲に異物がないのならラバーカップ

ゴム手袋をしてトイレに手を突っ込んでも、異物に触れられない状況もあるでしょう。触ることができないのなら、掴むこともできないので取り除くのは難しくなってしまいます。その場合は、異物を吸い出すことができるラバーカップを活用して、解決を目指してみましょう。

ラバーカップは棒にお椀のようなカップが付いたアイテムで、トイレの排水口の入り口に当てて使うことでつまりを解消できるようになっています。100円ショップで購入できる安価なものから、ホームセンターで販売されている高性能なものまであるので、つまり具合によって選ぶのがよいでしょう。

もしも、ラバーカップで異物を手の届くところまで移動できたのなら、ゴム手袋を使ってつかみ出すことも可能です。なお、ラバーカップを使うときは、異物を取り除くために利用するものだということを忘れてはいけません。押し込むようにラバーカップを使う方もいますが、それではつまりがひどくなって自分では解消できない状態になる可能性もあるのでやめましょう。ラバーカップはつまってしまったものを引き出すように使うもので、押し込むように使うものではありません。

 

トイレにつまった異物を取り除きたいのなら、ビニール袋の利用はおすすめできない方法です。少し試してみて、駄目だったのならばゴム手袋やラバーカップを利用した方法に変えてみましょう。それらのほうが取り除ける確率がグッとアップするので、つまりに困っているのなら試してみましょう。

なお、何をやっても異物を取り除けないのなら、プロに依頼して除去してもらうことを考えたほうがよいです。トイレの詰まりをずっと放置しておくことはできないでしょうから、プロの力を借りてすっきりと解消してもらいましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧