トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解消法】ぬるま湯で直す

大量のトイレットペーパーや排泄物などでトイレつまりが起こることがあります。突然、流れなくなると困ってしまうでしょう。しかも、ラバーカップなどの道具も何もないと自分ではどうにもならないと不安になるかもしれません。こういう時も業者を呼ばずに自分で直す方法がありますので、試してみましょう。

どうしてつまりが起こることがあるのか

実は、意外とトイレつまりが起こることは珍しくはありません。便器や排水管に異物が詰まることで水が流れなくなってしまいます。完全に流れなくなることもありますが、多少は水が流れることもあります。どちらにしても不便なことは確かです。もしも、何か異変を感じているのならば、それが前兆の可能性があるので気を付けましょう。

水を流した時に異音がしたり、水位が上がっていたりしませんか。この時点で便器や排水管に何らかの異物がつまり始めている可能性があります。タンクから流れる水の量が少なくなったと感じた場合は、便器や排水管ではなくタンクの方に何らかの問題が発生しています。

以上の前兆がなかったとしても、油断はできません。やはり、排泄物やトイレットペーパーや水に溶ける掃除シートなどを大量に流そうとしても流れずにつまることがあるからです。いくら流せるもので、水に溶けるとは言え一度に大量に流すことは不可能です。あくまでも少量ずつでないと流れなくなってしまいます。 これが最もよく起こる原因と言っても良いかもしれません。

前兆があればその時点で改善してください。急に水が流れなくなったとしても、十分に自分で改善することはできます。ラバーカップを常備していなくても良いので、実践してみませんか。用意するものはぬるま湯だけで良いので、これなら誰でも用意できるのではないでしょうか。

ぬるま湯を使ってふやかす!

詰まっているものが水に溶けるものであれば、ふやかして柔らかくすれば流すことができます。そのまましばらく置いておくだけでも自然と水を吸って流れるようになるかもしれず、あまり量が多くなければそれで解決するかもしれません。

ただし、用を足したいと思っているのにまだ十分に柔らかくなっておらず、水が流れないとなると困ります。急ぐ場合は、ぬるま湯を使った方がより早くふやかすことができます。それならば、熱湯を使った方が早いのではないかと思うかもしれませんが、熱湯を使うと便器が壊れる恐れがあるので熱湯は使わないでください。

便器が壊れないくらいの温度にしなくてはいけないので、50度くらいまでにしましょう。人肌よりも熱いと感じるくらいにすると良いかもしれません。急いでいるからと言って、熱々のお湯を使わないことが最も重要なことです。便器が割れて業者に修理してもらうことになるかもしれません。

どのような方法でトイレつまりを解消するのか

では、具体的にはどのように行えば良いのでしょうか。できれば、なるべく高い位置から便器に勢いよく注いだ方が良いです。この方が、異物を早くふやかすことができるからです。勢い方が良いので、やかんやじょうろなどにぬるま湯を入れて、それを一気に便器に注ぎましょう。

その後はすぐに水を流さないでください。しばらくこの状態で放置して、異物をふやかします。30分くらいするとかなりふやけて柔らかくなるでしょうから、それから水を流します。これでスムーズに水が流れれば修理完了です。

しかし、まだ水があまり流れないようであれば、もう一度同じことを繰り返し行います。 できるだけお湯を高い位置から勢いよく注いで、また同じように30分くらい置いてから水を流してみてください。何度か同じことを繰り返すうちに、異物がかなり柔らかくなって全部流れるようになるはずです。

それでもなかなか流れない場合は重曹や洗浄剤を使ってみてください。重曹とお酢を1:2の割合で使うとより早く改善するはずです。 家にあるものだけでも十分に異物をふやかして水が流れるようになります。ぬるま湯だけで済むかもしれませんし、それでも難しかったら重曹や洗浄剤を使ってみてください。重曹や洗浄剤も家にあるところが多いでしょうから、業者を呼ばなくても自分ですぐに対応することができるはずです。

 

以上の方法で急に起こったトイレつまりを改善することができます。重曹や洗浄剤を使わなくても改善できるかもしれません。この方法を知っておくと、トイレットペーパーや排泄物などで水が流れなくなっても、冷静に自分で改善できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧