トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレつまりを起こさないための予防策


トイレつまりは、できることなら回避していきたいトラブルではありますが、それに直面してしまう人が多くいるのが現状です。こういったトラブルを起こさないためにも、常日頃からあらゆる予防策を実践していくことで多少なりとも未然に防いでいくことができます。ここではトイレつまりを起こさないために自分でできる予防策を紹介していきます。

トイレつまりの原因を知ることが大切

トイレつまり予防する上で最も大切なのは原因を知ることで、それを知っているかいないかではトイレを使う際の意識に大きな差が生まれます。特にトイレットペーパーの流し過ぎはつまりが頻繁に起こってしまう大きな原因とされていて、一定量以上を1回で同時に流してしまうと排水管などでつまりが起こってしまって水が流れなくなってしまうので、常日頃からこまめに流すことを心掛けることで予防に繋がっていきます。

トイレットペーパーはシングルタイプとダブルタイプがありますが、流す量を減らしたいならシングルタイプがおすすめで、ダブルタイプと比較しても水に溶けやすく流れやすいものになっているので、つまりが起こるリスクを減らすことができます。

また、排泄物もつまりの原因とされていて、排泄物の量や硬さによっては排水管を流れなくなることもあるので、予防策としては排泄物の量が多いと自分で感じたらトイレットペーパーを使用する前に流してみたり、硬いと感じた場合は流す前に砕いてみたりすることも予防になります。

トイレットペーパーの代用としてティッシュペーパーを使用することもありますが、実は1枚であってもなかなか水に溶けにくく複数枚のティッシュペーパーを同時に流そうとするとつまりの原因になってしまうので、できる限りトイレでのティッシュペーパー使用を避けることも大事です。

間違った節水対策もトラブルの原因

タンク内にペットボトルを入れたり、止水栓を調節してタンクから流れる水の量を意図的に抑える節水対策をしている人も多いですが、そういった節水対策もつまりの原因になってしまうことがあり、水の流れが弱くなることで水圧が弱くなり、結果的にトイレットペーパーや排泄物などが流れにくくなることでトラブルが起きやすくなってしまいます。

節約のためにはじめた節水対策が原因でトラブルが起こり、それで修理代までかかってしまったら元も子もないので、トイレにおける節水はあまり推奨できません。最近では節水型のトイレも普及してきていて、とても便利な上にエコでもありますが、気をつけて使用しないと従来型のものよりもつまりが起きやすいので注意が必要になってきます。

節水型は少しの洗浄水でもつまらないように設計されていますが、これはあくまでも正しく丁寧に使用した場合の話で、知らない間に便器に小物を落としてしまったり異物を流してしまったりすれば簡単につまってしまうので、使用する場合は正しく使えるように気をつけることが重要です。

節水を心掛ける場合は、水洗レバーをしっかり使い分けることが大切で、各メーカーは必要な水量を計算した上で大と小を使い分けられるように設計してくれているので、節水目的であってもトラブル予防のために水洗レバーを上手く使い分けることがポイントになってきます。

予防策には定期的な点検もおすすめ

排水管に溜まる尿石などの汚れもつまりの原因になってしまうので、常日頃からこまめに掃除を行うことも大事になりますが、それでもなかなかトラブルを回避するというのは難しいことです。こまめな掃除だけでは不安という人は定期的に点検を依頼してみるのもおすすめで、特に築年数が古い家やマンションの場合ではタンクや排水管が劣化していることが多く、パイプや排水管には尿や排泄物の汚れが蓄積されてしまっているので、トラブルのリスクが高まってしまっています。

劣化が進めばその分だけパイプや排水管も細くなっているため、新しいトイレよりもトラブルが起こりやすくなるので、水の流れの悪さを少しでも感じたり便器内の水位の高さを感じるようになったら点検を依頼してみるのも一つの手です。

また、トラブルが起きた際に修理を依頼してつまりを吸引してもらうと軍手やカイロなどが出てくることがありますが、これはズボンの後ろポケットに入ってる小物類や腰に貼った使い捨てカイロが便座から立ち上がる際に便器に落ちてしまったことで起きています。

いくら注意したとしても万が一落としてしまうことは誰にでもあり得ますし、その落下物の大きさ次第では大きな修理が必要になってしまうことにもなりかねないので、水を流す前に便器の中を確認するクセをつけておくことも予防対策として有効な手段になってきます。

 

トイレつまりは、自分でできる範囲で注意するだけでも未然に防ぐことができ、今回紹介した予防策は手間もかからずに実践していくことができるのでおすすめです。予防してそれでもつまりが起きてしまう場合は、点検や修理を検討してみることも大切になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧