トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレつまりを放置することによって起こりうるトラブルとは?

誰もが一度は経験するトイレつまり。放置すると自然に直った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。しかし、トイレのつまりは放置することで逆に事態の悪化を招く場合があります。本記事では、トイレつまりを放置するとどのようなトラブルが起こりうるのか。また、トイレつまりの解消方法や、トイレつまりを予防する方法をご紹介します。

トイレつまりを放置することによって起こりうるトラブル

トイレつまりの原因が、トイレットペーパーや排泄物などの水に溶けるものであっても大量に流しすぎた場合や、携帯や子どものおもちゃ等の固形物、とくに吸水性の高いオムツやナプキンなどがつまった場合の放置はトラブルの元になります。トイレつまりを放置すると起こりうるトラブルは主に以下の3つです。

突然水があふれるようになる

トイレがつまった後、放置することで水面の状態が落ち着いて、一見問題ないように見えてしまうことがあります。その状態で次に使う人が水を流してしまうと、急に水が溢れかえって床が浸水してしまう可能性があります。

また、なんだか流れが悪いなと感じつつトイレ詰まりを放置していると、詰まっているものに次に流れるものが徐々に引っかかって突然流れなくなってしまうこともあります。トイレが常につまり気味になっているときはそのままにせず、早めに対処しましょう。

水位が下がることで悪臭が発生する

便器に常時溜まっている水(封水)は、下水の匂いが上がってこないようにするフタの役割を持っています。トイレつまりを放置すると封水の量が減り、下水管の悪臭が上がってきてしまうことがあります。

そのため、水に溶けるものであっても長い時間放置し続けることは避けた方がよさそうです。万が一、悪臭が発生していると感じたら、すぐに放置することをやめて別の方法で対処しましょう。

共同住宅の場合、階下へ水漏れが起きる可能性がある

トイレがつまり気味の状態で放置し続けた結果、気づかぬうちに階下の部屋に汚水が漏れていたという事例もあります。生活汚水による漏水は、多額の賠償金が発生するなど深刻なトラブルの原因となります。自分で修理する以外にも、設備不良として管理会社に問い合わせることもできるため早めに対処していきましょう。

トイレつまりの解消方法

では、実際にトイレつまりが発生してしまった時にはどのように対処するべきなのでしょうか。ここでは、つまりが発生した時のシチュエーション別にいくつか対処方法をご紹介します。

トイレに流せるものが詰まった時はラバーカップ(すっぽん)での対処が王道

水道修理業者もよく使う一般的なつまりの修理道具といえばラバーカップです。固形物のつまりでない限り、大抵はラバーカップを使うことで解消できます

ラバーカップを押し込むことで生まれる真空状態から吸引する力で異物を除去するので、「押すこと」よりも「引く」ことを意識して使いましょう。ホームセンターや100円ショップ、Amazonなどのネットでも購入できるため常備しておくと安心です。

ラバーカップがない時には「ラップ」で代用してみる

手元にラバーカップがない時には食品用のラップで代用することが可能です。ラバーカップはゴム部分を便器に押し付けて密閉しましたが、ラップで便器を隙間なく覆うことで、ラバーカップを当てているときと同じ密閉状態にしてつまりの解消を行います。

やり方は、ラップを何枚か重ねて便器に隙間なく被せ、水を流します。密閉できていればラップが圧力で膨らんでくるため、それを下に押し込みます。これを数回繰り返すことで、つまりが解消されることがあります。

固形物など水に溶けないものが詰まった時は業者にお願いする

水に溶けないものを流してしまった時には、詰まっているものを直接取り出さない限り解消されません。目に見えている範囲であれば火バサミや手袋を使って引っ張り出せるかもしれませんが、排水管の中で見えない位置まで流れてしまった時は業者にお願いしましょう

トイレつまりを防止する方法

そもそもトイレつまりが発生しないことに越したことはありません。つまりを防ぐために意識すべきこともあわせてご紹介します。

一度に大量のトイレットペーパーを流さない

トイレがつまる原因の多くは、「流しすぎ」です。トイレットペーパーを一度に大量に流さないよう、こまめに流すなど工夫しましょう。また、掃除用シートなどトイレに流せる商品であってもトイレットペーパーに比べると溶けにくいものがありますので、たくさん流してしまわないよう気をつけましょう。

こまめなトイレ掃除

定期的に掃除を行っていないと、排水管に尿の成分が固まった尿石がたまって詰まりの原因になることがあります。水に流せないものを流した覚えがないのに水の流れが悪いと感じるときには、尿石除去剤などで清掃を行うことで改善されるかもしれません。

ペットボトルによる節水をやめる

節水のために、トイレタンク内にペットボトルを入れるという方法があります。しかし、流れる水量が減ることで流しきれなかったトイレットペーパーなどが排水管の中に溜まってつまりを起こす原因になることがあります。

また、トイレタンク内でペットボトルが部品と接触して詰まりとは別の故障を引き起こす可能性もあるので控えた方がよさそうです。

 

トイレつまりを放置することによるトラブルを防ぐためにも、トイレがつまってしまっても焦らずにしっかりと対処していきましょう。日常のケアで、いざという時の負担を減らすことができるためぜひできるところから実践してみてください。また、自分で対処するのが不安な場合や、対処してみても直らない場合にはプロの業者にお願いしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧