トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

家のリフォーム後はトイレがつまりやすくなる!?

家のリフォームをするとトイレがよくつまるという話がたまに聞かれますが、これは果たして本当なのでしょうか。

ここではトイレリフォームとつまりの関係、つまりにくくする方法などについて説明しています。本来のリフォームは不具合の解消にありますので、リフォーム後に異常が頻発するようだと、正常な状態ではないと認識しておきましょう。

リフォーム後につまりやすくなったという話は多い?

本来トイレは簡単につまるものではありませんが、家のリフォームをしたら頻繁につまるようになったという話は少なくありません。この場合はトイレをリフォームしたことで、不具合が発生した可能性が高いです。

排水管の勾配に問題がある、施工が正しく行われていない、などの原因が考えられます。排水管を正しい位置に設置しなければ水が流れにくくなります。

水というのは高いところから低いところに流れていく性質があります。それゆえ勾配が緩やかになりすぎると、水が流れなくなる可能性があるのです。例えば地盤沈下を起こすことによって、排水管の勾配が変わるケースはあります。

いずれにしても工事のミスは、信頼できる水道会社にまかせれば防げることが多いです。安いという理由だけで会社選びをしてしまうと、思わぬ失敗を招くことがあります。安さには理由があると常に考えておくと、冷静に水道会社探しができるはずです。

いずれにしても適切な工事をしてもらえば、こうした問題は防げるでしょう。リフォームとは不具合を解消するのが最大の目的ですから、本来は施工後に調子がよくなるのが普通です。流れにくい状態が解消されて、今までより流れやすくなるはずです。

逆の現象を引き起こすということは、施工に何らかの問題があったと考えられます。施工件数が豊富にある水道会社に工事をまかせることが大切です。

新しいトイレがつまりに関係することは?

リフォームでトイレ交換をしたら、急につまりやすくなるという話はあります。最近は少ない水量で流れるタイプが登場しており、これが原因になっているケースはあります。水量が少ないと水圧が弱くなるわけですから、つまりやすくなるのは当然の原理です。特にトイレットペーパーを大量に使用する人ですと、つまりのリスクが高くなると考えてください。

この問題を解決するには、大量に流さないことが重要になります。例えば流す量が大きくなりそうなときは、2~3回に分けるなど工夫するわけです。そうすればつまりを予防できることが多いです。

トイレットペーパーは水に溶ける性質がありますが、すぐに水と同化するわけではありません。ただペーパーに由来する症状の場合は、時間をおけば解消することが多いです。ペーパーが柔らかくなるまで待ってから再度水を流してみてください。

トイレによってつまりやすさは変わるもので、ここは運の要素もあるでしょう。便器のレンタルを利用して使い勝手を試すという方法は現実的ではありません。新しく導入したタイプが旧タイプと比べてつまりやすいケースはありますので、その場合は水の流し方に注意してください。

正しい方法で使用しているのに流れなくなることが多いならば、工事の設計ミスを疑ってください。水道会社に便器・排水管の点検してもらい、不具合を発見していく必要があります。

現実は流れやすくなるケースのほうが多い

長年トイレを使用していると、排水管につまりが見られるようになる可能性があります。排水管に堆積物が蓄積して細くなることで、流れが悪くなってくるのです。トイレリフォームをするときは必要に応じて排水管洗浄もしますので、本来であればリフォーム後は流れがよくなります。不具合を誘発するためのリフォームでは意味がありません。

また古くなったトイレは光沢感がなくなるので、それもつまりやすさの原因になっています。最新タイプは陶器の滑りがよく、旧タイプより流れやすくなるのが普通です。節水を強く意識したタイプだと、つまりを発生させる頻度が高くなるケースはありますが、常識の範囲内に収まるはずです。

明らかに変だと思われる場合は、便器ではなく排水管に問題があるのかもしれません。毎日のようにつまってしまう状況ならば、正常でないのは確かです。

リフォーム後に明らかに不具合が増えたという場合は、早めに水道会社に相談してください。放置しておくほど内部でつまりが進行し、余計に流れにくくなる可能性があります。

水回りのトラブルは早期解決をするのが基本であり、対応が遅れるほどトラブルが重症化しやすいです。結果的に修理費用が高くつくことになるので、放置しないようにしてください。

家族全員が不具合を訴えるような状態ならば、それは気のせいではありません。そのまま使い続けると、汚水が逆流する可能性もあるので早めの対応を心がけてください。

 

トイレのリフォームをすると流れがよくなるのが一般的です。もし明らかに流れが悪くなった場合は、施工に問題があるのかもしれません。正しい方法で施工されておらず、例えば排水管の勾配が緩やかになりすぎたのかもしれません。

それ以外ですと節水トイレに変えることで、つまりを誘発させやすい状態になっているケースがあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧