トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレつまりの修理を業者に依頼する際にかかる費用を安く抑える方法!

毎日使うトイレが急に壊れてしまったら、専門の業者に直してもらいますよね。しかし、修理費用がどれくらいかかるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回はトイレがつまった時の修理に必要な費用の目安や安く抑える方法について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレつまりの修理を業者に依頼する際にかかる費用の目安

トイレがつまってしまったら、専門の業者に修理をお願いするのではないでしょうか。しかし、どれくらいの修理費用がかかるかわからないので、気軽に頼めないという方も少なくないでしょう。

そこで、あらかじめどれくらいの費用がかかるのか理解しておけば、修理費用が想定できるので、焦らずに修理業者に頼めるでしょう。実際、便器がつまったときは、原因や故障箇所によって修理費用が大きく異なります

便器本体に問題

配管などがつまっているのではなく、便器本体に問題がある場合は3,000円~1万円ほどで業者に依頼できます。たとえば、便器設備が古くなってしまったりしている場合は、汚物が流れにくくなってしまってつまりの原因となる可能性があります。しかし、簡単な作業でつまりを解消できるので、そこまで費用もかかりません。

給排水管の問題

便器のつまりではなく、給排水管の問題が原因でトラブルが発生している場合、専用機器を使用しなければならないため、修理費用が少し高くなってしまいます。また、排水管の長さによって費用が異なるため、1万円~2万円ほどかかることも珍しくありません。

部品やタンクの破損が原因

便器や配管の部品が故障・破損している場合は修理費用とは別に部品代が上乗せされるため、費用が高くなってしまうでしょう。たとえば、フロートゴムというトイレタンク内に装着されているゴムが破損していたら、部品交換が必要となります。部品交換が発生する場合は5,000円程度で交換できます。

一方、洗浄管や止水栓などが破損している場合は修理に時間がかかってしまうため、1万4,000円ほどかかることもあるでしょう。さらに、破損箇所によって部品代が高額になってしまう場合もあるため、業者からどれくらいの費用がかかるか事前に聞いておくことをおすすめします。

トイレ自体の破損が原因

トイレ本体が破損している場合は排水管や部品を直しても意味がありません。ただし、便器本体を交換するには高額な費用がかかることも珍しくないでしょう。もちろん、選ぶメーカーやモデルによって金額は異なりますが、最低でも30,000円~50,000円ほどかかることを覚えておきましょう。

トイレつまりの修理を業者に依頼する際にかかる費用を安く抑える方法

トイレがつまってしまった場合、修理業者に頼むことで詰まった部分を綺麗にしてくれ、つまりを解消してくれるでしょう。しかし、つまってしまった原因によっては修理費用が高くついてしまうこともあります。

また、一部の業者では、修理作業が終了した後に追加費用を請求されることもあります。実際、見積もり時よりも大幅に追加請求されたというケースもあるのです。

自分で解消できるか対策してみる

自分でつまりを解消できないか試してみましょう。最近はホームセンターやドラッグストアで簡単にラバーカップを手に入れることができます。まずは、ラバーカップを使用して自分でつまりを改善できるか試みるのもよいでしょう。

追加費用が請求されないか確認しよう

見積もり時よりも高額な費用を請求されてしまう可能性があります。そこで、あらかじめ追加費用がかかるのかチェックしておきましょう。

たとえば、業者によって出張費用がかかってしまうところもあります。自宅から離れたところの業者に依頼した場合、その距離に応じて出張費用が上乗せされるケースもあるでしょう。

また、依頼する時間や曜日に注意が必要です。とくに深夜は深夜料金が発生してしまうため、通常の修理代金よりも割高になってしまう可能性があります。ただし、24時間対応している業者の中でも割増料金がかからないところも少なくありません。そのため、事前に割増料金が発生するのか確認しておいたほうがよいでしょう。仮に、割増料金が発生するのであれば、早朝や深夜に依頼するのは避けたほうが無難です。

また、作業をしてもらう前に必ず見積もりを取ることが大切です。さらに、追加料金がかかるのかどうかを事前にチェックしておきましょう。見積もりの段階で適正な価格かわからない場合は別の業者に見積もりを取ってみるのもよいでしょう。

火災保険が利用できるか確認しよう

故障の原因などによっては火災保険を使える場合もあります。火災保険を利用できれば、自己負担なしで修理できることがあります。業者に依頼する前に加入中の保険会社に問い合わせてみるのもおすすめです。

日ごろからつまりを防ぐ対策をしよう

トイレにつまりが発生してしまうのにはさまざまな理由が考えられます。しかし、定期的に掃除やメンテナンスを行うことで、未然に防止できるでしょう。ただ、何度も何度も掃除をするのはめんどうという方も多いと思います。その場合は月に1回程度でもトイレ洗剤を使用して掃除しておけば、トイレにトラブルを引き起こすリスクを低減できる可能性があります。

 

トイレや便器本体がつまった場合、修理業者に依頼しなければなりません。しかし、どれくらいの費用がかかるのかわからないという方も多いでしょう。原因や故障している場所によって、修理にかかる費用が異なります。したがって、トイレのつまりが発生したら、ラバーカップを使って自分で対策してみるのもよいでしょう。また、日ごろからしっかりと掃除やメンテナンスを行えば、つまるリスクを減らすことが可能といえるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧