トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

自分で直すのと業者に頼むのはどちらがおすすめ?


日々の生活の中で起こるトラブルの中でも、トイレのつまりは割とポピュラーな問題です。大量のトイレットペーパーを流しても詰まる可能性がありますし、何か異物を誤って落としてしまったり、水があふれたりすることもあります。そんな時に自分で直すのと、業者に依頼するのとどちらが良いのかは悩ましいところです。

単純なつまりは業者に依頼をするまでもないことも

トイレのつまりの原因で最も多いのが、トイレットペーパー等を大量に流してしまうことです。普段使っているトイレットペーパーでも、何かの要因でたくさん一気に流そうとすると詰まってしまうことがあります。

そんな時には、ラバーカップなどを利用して自分で真空状態をつくり、水の流れを変えてあげることで解消するケースが多いです。 ラバーカップが家にない時は、ラップで代用をすることもできます。便座を上げ、ラップでトイレの穴を丸ごと塞ぐように隙間なくかけていきます。一度少し水を流すと圧で膨らむような状態になるので、上から押さえていけば全体を空気圧で押し込むことが可能です。これで解消することも多いので、簡単なつまりなら自分でできないことはありません。

ただし、それでもまるで解消の気配がないときは、やはり業者に依頼をする必要が出てきます。想像をしていない箇所が故障をしている可能性もあるので、下手に知識がない状態で直そうとするとかえって状態が悪くなることもしばしばです。

専門家に任せれば、原因をしっかりと突き止めた上で修理をしてもらえますし、今後の対策なども施した上で適切なアドバイスをもらうこともできます。 たかがトイレのつまりと侮ることはできません。

もし水が溢れてしまえばトイレの周りは少なくともきれいではない水で汚れてしまいますし、マンションならば階下の部屋に迷惑をかける可能性もあります。

接続部からの水漏れやタンクの破損の故障

トイレの配管の接続部から水が漏れることがあります。この時は接続部の緩みが原因の場合があるため、まずは水漏れ箇所の緩みを発見したらスパナ等の工具を利用して締めなおしてみると良いです。緩みがなくなったのにもかかわらず水漏れが止まらない時は、劣化が進んでいる可能性があります。

原因がわからない場合は、速やかに専門家に相談をすることが大切です。実績のある業者に見てもらえれば、安心して過ごすことができます。

タンクのトラブルも少なくはありません。タンク内の部品が故障してしまったときは、レバーに問題がなくても水が流れっぱなしになることがあります。ボールタップが壊れているケースもあるため、部品を新しいものに交換しなければいけません。

部品そのものはホームセンターなどで購入できるものもありますが、交換はやはり専門業者に依頼をするのが安心です。素人が手を出すと、一見直ったように見えてもしばらくするとまた再発をしたり、かえって悪化させてしまうケースもしばしばです。

タンクに詰まりが生じることもあります。中に異物が混入してしまったり、経年劣化で傷みが出ることもあるので、この時もタンクの蓋を開けて解消できなければ、プロに頼るのがベターです。多くの実績や経験を重ねている専門家なら、調べればほぼ原因を特定することができます。元から解消できるので、また長く安心して使用をすることが可能です。

自分で修理にトライするときの流れや注意点

自力で直すことを考えるとき、気をつけなければいけないことがいくつかあります。正しい方法や順序を知っておけば、いざというとき慌てずに済みます。

まず、修理をしようとするときにはゴム手袋を着用し、ウォシュレットの電源は切ってから行うのがセオリーです。万が一にも感電したりすることがないように準備を進めます。

次に、水が漏れたり溢れたりすることを防ぐために止水栓を止めなければいけません。止水栓が開いたままになっていると、修理の途中で水があふれたり、吹き出すリスクもあるので、作業の前に必ず締めます。

次にタンクの水を抜きます。故障を確かめたり部品を交換したりするのには、タンクの水があっては不都合です。意外と見落としがちなポイントなので、事前の準備が肝要です。

しっかりと準備が終われば、晴れて故障箇所の特定やつまりの原因を探っていきますが、近年普及の一途を辿るウォシュレットにも故障や破損が発生することがあります。これもできる範囲で自分で修理をすることは可能です。

ウォシュレットは漏電する危険性があるため、やはりコンセントを抜くのは第一です。きれいに掃除をして汚れを取り、ネジの緩み等を発見したら締め直します。

少し見てみてもわからないような時は、迷わず専門業者に見てもらうことが大事です。意外と精密な機械なので、無理をすると症状が悪化したり、交換が必要な壊れ方をすることもあります。自分で直すことに挑戦する時は、無理をしすぎない引き際が大切です。

 

トイレのつまりが発生すると焦ってしまいがちですが、慌てず準備をすることがまずは賢明です。原因が簡単なものだとわかれば自分で修理をすることも可能ですが、深入りをせず専門業者に依頼をすることもあらかじめ頭に入れておきます。プロに任せれば費用はかかるものの、安心を担保することが可能です。無理は禁物と心得ておく周到さが、トラブルの悪化を防いでくれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧