トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレの浄化槽とは?どんな役割や特徴があるのか解説!

トイレ

汚水の処理を行う浄化槽は、微生物などの働きを利用して汚水を浄化し、自然に放流するための役割を担っています。各家庭にも配置されていることから、もっとも身近な汚水処理施設といえます。ここでは、浄化槽の役割や特徴などに関して詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

トイレの浄化槽とは

トイレの浄化槽は、簡単に述べると汚水を浄化して自然に放流するための設備をいいます。水洗トイレの場合、通常は下水道やコミュニティ・プラント、もしくは浄化槽のいずれかに流されます。

汚水をそのまま河川などに放出すると環境を汚してしまうことになるため、これらの場所で処理しています。過去には、水洗トイレの汚水だけを浄化する「単独処理浄化槽」の設置が認められていました。

しかし、平成13年以降は台所排水や洗濯排水、浴室排水などの生活雑排水と一緒に処理する「合併処理浄化槽」の設置が義務付けられています。水の汚染源となるものには、水中に存在する固形物と水に溶け込んでいる有機物質などがあります。

固形物は浮上や沈殿させることで分離除去したり、濾過材を用いたりして取り除き、溶解性物質は微生物を利用しています。浄化槽はその種類によってさまざまな処理方法がありますが、ここでは一般家庭でよく使用されている浄化槽の仕組みを見ていきましょう。

まず、嫌気ろ床槽と呼ばれる箇所に汚水が入り、濾過材と微生物の力で溶解性物質が除去されます。続いて、もう一つの嫌気ろ床槽を通過して同様の処理が行われた後、接触ばっ気槽と呼ばれる槽に入ります。

ここでは、好気性微生物が溶解性物質を除去してくれます。つぎに、水は沈殿槽に送り込まれ、ここまで浄化の役割を担ってくれた微生物の塊である汚泥を沈殿させます。最後に、浄化された処理水は塩素剤で消毒された後、河川へと放出される仕組みとなっています。

トイレのつまりの原因は浄化槽にあり

水洗トイレで水が流れず、トイレが詰まったという経験がある方もいるでしょう。実はトイレの詰まりの原因に浄化槽が関係している場合があります。

浄化槽とはもともと、下水道の設備が整っていない、あるいは下水道の接続工事を行っていない場所に設置するのが一般的です。単独処理浄化槽は、トイレから出た汚水や汚物をバキュームカーで汲み取る必要があります。

一方の合併処理浄化槽は、トイレや台所、浴室などから出るすべての汚水を浄化槽によって浄化することができ、各家庭に設置されているものです。特に、人口が多くない地域などでは大掛かりな下水処理施設をつくることが難しく、合併処理浄化槽が使用されているのがほとんどです。

単独処理浄化槽の場合、トイレからの汚水のみを処理するため、トイレの詰まりの原因が浄化槽によるものである可能性は高くなるといえます。一方、合併処理浄化槽を使用している場合は、台所や浴室などの汚水も浄化しているため、一概にトイレの詰まりの原因は浄化槽とはいえません。

ちなみに、浄化槽以外でトイレの詰まりの原因となりやすいのが、便器に異物を流してしまった場合です。トイレットペーパーは水に溶けやすい性質の紙ですが、それ以外の紙を便器に流してしまうと、紙が溶けきれずに詰まりの原因となることがあります。

浄化槽のつまりは業者に依頼しよう

トイレの詰まりに気づいたら、まずは専門業者に依頼してみましょう。浄化槽が詰まっている可能性がある場合の対処法として、トイレから浄化槽につながっている排水管を調べる方法があります。

屋外に設置されている排水管の中を確認し、詰まりの原因となる物質があれば取り除くことで問題が解決するでしょう。しかし、排水管や浄化槽などを扱うには高度な専門知識と技術が必要となるので、素人が簡単に解決できる可能性は低くなります。

トイレの排泄物やトイレットペーパーなどが溜まって詰まりの原因となることもあるため、まずはバキューム清掃を行う業者に依頼し、浄化槽の清掃を行ってもらう必要があります。

あまりにも詰まりを放っておくと、浄化槽から汚物や汚水があふれ出てくる恐れもあるので注意が必要です。浄化槽で汚水をきれいにするためには、2種類の微生物の力を借りています。

素人では微生物を扱うことができないことや、浄化槽で濾過もしくは微生物によって分解された物質が沈殿するので、定期的に業者にこれらを汲み取ってもらうことも必要になります。

業者に連絡する際には、いつ頃からトイレの詰まりが見られるか、何か異物を流した覚えがあるか、トイレの築年数などを伝えることで、問題解決が早くなる可能性があります。

各都道府県には浄化槽の補助金制度がある

単独処理浄化槽や汲み取り便槽などを使用している人が、合併処理浄化槽に転換する場合、各都道府県による浄化槽のための補助金制度があります。

補助内容も各自治体によって異なりますが、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽へ転換する際にかかる工事費や、浄化槽の維持費などを一部負担してもらうことができます。

ぜひこれらの補助金制度を利用し、自己負担の軽減を行いましょう。自分が住んでいる地域にはどのような補助金があるのか、各自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

自治体のホームページなどでも情報を収集することができますので、確認してみてください。また、補助金制度に申請する際には、自分が補助金の対象となるのかを事前に確認しておくことが必要になります。

中には、建築物の材質や構造上の問題から浄化槽の転換については、補助の対象外としている自治体もあるようなので、注意が必要です。

 

今回はトイレの浄化槽の役割や特徴について解説しました。専門的な知識が必要であることや、素人での管理が難しいことなどもあるため、専門の業者に問い合わせすることをおすすめします。また、各自治体における浄化槽の補助金制度もあるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧