トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレのつまりは放置していて直る?直らない?


トイレのつまりを放置していたら自然と直ったという経験がある人は多いでしょうが、すべてのつまりを放置してもいいのでしょうか。ここでは放置しても改善する症状とそうでない症状、流れないモノの特徴などについて説明していきます。流れない状態を放置しておくと、面倒なことになる可能性があります。

通常のつまりは放置しておけば直る?

まず多いのがトイレットペーパーを流しすぎて、流れなくなる状況はよくあるパターンです。水を流すと溢れてきて焦ったという経験をお持ちの人は多く、それから水の勢いを弱くして流す習慣が身に付いたという声も聞かれています。

トイレットペーパーをたくさん使用する人は、つまりが発生する可能性が高いです。流しすぎて流れなくなった場合、大抵は放置しておけば直ります

次にトイレを使用するときまで待っていれば、流れるようになることがほとんどでしょう。ティッシュペーパーと違って時間を置けば柔らかくなる性質があり、水と同化して流れやすくなります。流した量がそれほど多くなければ、10分くらい放置しておけば解消することが多いです。夏場はつまりが解消しやすいと言われていますが、これは水が比較的温かくてペーパーが溶けやすいためです。

ただしティッシュペーパーを大量に流してしまった場合は、放置しても直らないと考えてください。水にほとんど溶けない性質を持っていますので、ペーパーの一部を取り除いてから流すなどの対策が必要です。もちろんトイレに流せると記載されている商品に関しては、時間を置けば溶けていくので流れてくれるでしょう。

とは言えども過度に流してしまうと、つまる可能性があるので注意してください。つまらせないためには、数回に分けて流すなどの工夫が必要になってきます。

紙だからすべて流れるとは限らない?

トイレに新聞紙を流してしまえば、流れなくなるのは容易に想像できます。猫のトイレの砂などもつまりの原因になるので、ゴミとして処分してください。吸水性ポリマーを使用した紙も流れにくく、これは水の中で膨らんでしまうためです。トイレットペーパーによるつまりは放置して解消することが多いですが、トイレットペーパー以外の紙だと厳しいと考えてください。

30分間放置して流れない状況ならば、水道会社を呼ぶことも考えましょう。そのままの状態だとトイレを使用できなくなり、次に使用するときに困ります。流れないからと言って、そのままにしておくわけにはいきません。最終的に汚水が溢れ出してしまうので、放置して解決しない場合は自分で直すのはあきらめましょう

いずれにしても水に流してはいけないものは、決して流さないことがポイントです。排水管内部で膨張して水の流れを止めてしまう可能性があります。 つまりが直るかどうかは運も関係してくるので、溶けないものを流しても問題ない場合もあります。一方で排水管に引っかかってしまうと、一切流れなくなるケースもあるのです。

いつもティッシュを流しているけど大丈夫といって毎回流していると、いつか流れなくなるかもしれません。トイレに流しても可と記載されているもの以外は決して流さないようにしてください。特に大家族の家庭はつまりが発生しやすいので注意です。

紙以外を流してしまった場合は放置しても直らない可能性大

トイレのつまり解消のために水道会社に依頼したとき、便器から芳香剤や消臭剤のキャップが出てきたという話はよくあります。これらはわざと流すことはないでしょうが、無意識のうちに流しているケースがあります。

臭いを消すための消臭剤のキャップがないと思ったら、便器に流していたという人もいるのです。ほかにもズボンのポケットに入れているモノも、無意識のうちに流している可能性があります。 クルマを運転する人なら運転席の下に、モノがたくさん転がっていたという経験をお持ちの人が多いはずです。なぜか小銭がたくさん散らばっていたという場合、運転中にポケットから小銭が落ちているのです。

トイレを使用する場合も同様であり、水にまったく溶けないものを落としていることはありえます。こうした場合は時間を置いても、直ることはめったにありません。その状態で無理に水を流すと、奥までつまらせるので注意してください。 ペーパーをあまり流していないのになぜかつまる場合は、水道会社に問い合わせするのが得策です。

つまりの原因は複数ありますので、原因がわからないときは専門家に相談してください。自分で直そうと思って悪化させてしまうケースは多く、そうなると高額な費用がかかります。水のトラブル全般は早めに解決させるのが好ましく、これは料金の面でも言えることです。放置するほど修理費用が高額になる可能性があるので注意してください。

 

トイレットペーパーを流しすぎた場合は、放置してつまりが解消することが多いです。一方でティッシュペーパーなどの流せない紙、水に溶けないモノなどは流れを遮断してしまう可能性があります。時間を置いても解消しない、また自力で対処できない場合などは水道会社に依頼する必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧