トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解決策】真空式パイプクリーナーで直す

トイレではつまりは特に多いトラブルですが、軽度であれば自分で直せる場合があります。自宅でできる直し方にも色々な種類がありますが、道具を使う方法も良い改善が期待できます。ラバーカップはよく使われていますが、このほかにも真空式パイプクリーナーも解消に役立ちます。ここからはつまりの原因や直し方について書いていきます。

トイレがつまる原因と対策を知る

水道トラブルにも水漏れやつまりなどがありますが、トイレもつまりが発生しやすい場所です。改善のためには、それぞれに合う方法を選ぶことも大事ですので、まずは原因を確認しておきましょう。

つまりの原因として多いものに、トイレットペーパーを一度に多く流すということがあげられます。この場合は多く使う場合は複数回に分けて流すことで予防できます。水に溶けると自然に解消できていることもありますので、少し時間を置いてから流してみるのも良いでしょう。

紙おむつや生理用品など水に流れないタイプの紙は絶対に流さないようにします。流せるタイプのお掃除シートやペットのトイレ砂の場合も、一度にたくさんの量を流すことは避けたいところです。ペットの糞には毛玉が混じっていることが多く、これがつまりの原因となりますので、流せるタイプの砂でも水に流さず燃えるゴミなどの形で処分したほうが無難です。

この他では異物を落としてしまうこともつまる原因になりますが、このときは水を流さずできるだけ早く拾い上げることも大切です。この場合は直接異物を取り除かなくては解消できませんので、道具や薬剤を使うことは避けます。

原因をしっかりと確認したら、いよいよ作業に入ります。便器に多くの水がたまっている場合は作業しやすいよう水を減らしておくこと、周囲に水が飛び散らないような対策もしておきたいところです。

市販されている道具を使って解消しよう

トイレのつまりを自分で直す方法としては、専用の道具を使うことも多くの家庭で選ばれています。ラバーカップは特に有名ですが、この他では真空式パイプクリーナーも効果的です。

ラバーカップよりもさらに強い圧をかけることができますので、ラバーカップで対応できない場合も試してみることがおすすめです。真空式パイプクリーナーはトイレはもちろん、キッチンやバスルームなど他の水回りでつまった場合にも解消に利用できます。

原理としてはラバーカップと同じようになっていますが、さらに強い吸引力と圧力をかけることができるので頑固なつまりも改善できることが期待できます。サイズが合っていることも大事ですので、購入前にはよく確認しておきましょう。そして、和式と洋式でも選ぶ機器は違ってきますので、自宅のトイレの形状と合うものを選ぶことが大事です。

作業の際には汚水が周囲に飛び散る可能性がありますので、ビニールシートや新聞紙などで養生しておくとより安心です。作業のために溜まった水を取り除いている場合もありますが、水がまったくない状態では作業を成功させることはできません。

カップが水につかった状態でなければ圧力が逃げてしまう可能性がありますので、カップの上ぐらいまでは水をためておきます。真空式パイプクリーナーで作業をする際は、隙間を作らないようにしっかりと排水口に押し付けておきます。

水に流せるものがつまった場合に有効な方法

真空式パイプクリーナーを排水口に押し当てる際は、ハンドルを完全に押し込んだ状態にしておきます。その後は思い切りハンドルを引き上げます。ハンドルを上下することで吸引力は高まりますが、一回で直る場合もあれば、複数回作業が必要になることもあります。無事につまりが解消できたら、再発しないよう正しいトイレの使い方を心掛けましょう。

真空式パイプクリーナーはトイレットペーパーや流せるお掃除シート、さらに便などがつまっている場合に有効な方法です。流してはいけない異物を落としている場合は、こうした作業をすることでさらに奥へと押し込んでしまう可能性がありますので、異物を落としたときはこのような作業は行わないようにします。

自分でつまりを解消できれば費用は安く抑えることができますが、間違った方法ではかえって高くつくこともありますので慎重に作業を進めていきましょう。

真空式パイプクリーナーは流しても良いものがつまっている場合に使える道具ですので、他の要素でつまっている場合は別の方法を選ぶことになります。自力で改善ができない場合は、無理をせずに早めに専門業者に依頼することも考えていきたいところです。

トイレのトラブルは早急な対応が必要になりますので、スピード対応している業者を選んでおくと安心です。連絡の際、状況はできるだけ詳しく伝えておきましょう。

 

トイレのつまりを自分で解消するなら、専用の道具も活用してみましょう。真空式パイプクリーナーはラバーカップよりも吸引力、圧力ともに強いので頑固な症状も改善できる可能性があります。水に溶けない固形物を落とした場合には向いていない方法なので、別の対策を考えましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧