トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレの手洗い管から水が出ない原因とは?どう対処したらいい?

トイレの手洗い管から水が出ない原因とは?

トイレの水を流したら、便器の水は流れるけど手洗い管から水が出て来ない。もしくは、便器の水も手洗い管からも水が出て来ない。こんな症状に困ってはいませんか。手洗い管から水が出ない原因は複数あります。原因を調べて、簡単に直せるものがあれば自分で直してしまいましょう。

手洗い管から水が出ない原因

手洗い管から水が出てこない原因は、トイレに問題があるとは限らず、トイレ以外の場合もあります。どんな原因があるのか解説します。

手洗い管につながっているホースの不具合

手洗い管は、トイレタンクのなかでボールタップから分岐しホースでつながっている場合があります。ホースでつながっている場合は、ゴムパッキンに差し込んでいるだけ、もしくは袋ナットでねじ込んでいるかの2通りがあります。ホースが手洗い管から外れてしまっていたり、切れていたりしたら水は出ません。

ボールタップの不具合

先程と同じ説明になりますが、手洗い管の水はボールタップから分岐しているため、ボールタップが故障して水が補給されない状態の場合も考えられます。また、ボールタップについている浮き球が引っかかってしまい、下がらないために水が出ない場合もあります。

給水フィルターの目詰まり

タンクに接続されている給水管の中にフィルターが入っている場合があります。フィルターにゴミが詰まってしまうと、水圧が弱くなったり水量が少なくなったりしてしまうため、手洗い管から水が出なくなります。

止水栓が閉まっている

水量を少なくするために、最初から止水栓をあまり開けていない場合があります。その状態で使い続けていると、水垢や汚れなどで給水口が狭くなってしまい水圧が弱くなってしまいます。

止水栓がハンドルタイプの場合、掃除の際に意図せず回してしまっているかもしれません。また、子どもがいたずらして回してしまっている可能性もあります。

地域断水している

地域で水道管の工事をしていて断水していませんか。また、マンションなどの集合住宅は定期的に受水槽の清掃を行なうため、断水する場合があります。断水の通知は、通常であれば数日前にポストに投函されているため確認してみましょう。

手洗い管から水が出ないときの対処法

水が出ない原因がわかったら、次は対処しましょう。それぞれ、どんな対処法があるのか解説します。対処する前には、必ず止水栓を閉めてから行なってください。

ホースとボールタップの点検

手洗い管につながっているホースとボールタップは、トイレタンクのなかにあるため同時に点検できます。タンクのふたをゆっくり持ち上げ、手洗い管の根本付近を目視か手でさわりホースがあるか確かめます。

ホースが外れていたら、接続すれば水が出るようになります。タンクのふたとホースがつながっていたら、手洗い管との接続状況を確認して差し込んである場合は引き抜き、袋ナットで締め付けてある場合は、左にまわすと取り外せます。

袋ナットが固くてまわらないときは、プライヤーかモンキーレンチで緩めて外してください。トイレタンク内に水が溜まっていない場合、ボールタップの浮き球が何かに引っかかっていないか確認してください。

浮き球が上がったままになっていると、水が補給されないため手洗い管から水は出ません。確認が終わったら止水栓を開けるのですが、この時ホースをタンク内で下向きにおさえた状態で開けるようにしてください。

手で押さえていないと、水圧でホースが上に持ちあがり水浸しになってしまう危険があります。止水栓を少しずつ開けて、ホースの途中から水が漏れていないか確認してください。水が出ない場合は、給水フィルターを点検します。

給水フィルターの点検

給水フィルターは、トイレタンクとつながっている給水管のなかにあります。モンキーレンチで袋ナットを外し、フィルターが汚れていたら掃除をしましょう。

ただし、この作業をする際にフィルターについているパッキンが劣化している場合があるため、パッキンを用意してから行なってください。

止水栓の点検

止水栓は右に回すと開きます。マイナスタイプの場合は、マイナスドライバーを差し込んで回します。普段さわるところではないため、年数が経っていると固着してしまっている場合があるため、無理やり回さないようにしてください。

手洗い管から水が出ないときの修理方法

上記の方法で対処しても水が出ない場合は、修理が必要になります。

ボールタップの修理

ボールタップ本体の修理はできないため、交換しなければいけません。ボールタップは、手洗いホース付きものを購入してください。交換する前に、トイレタンクの水を流して抜いておきます。

給水管の袋ナットを外し、ボールタップを固定しているツバ付きナットを外すと本体を引き抜けます。取り付けるときは、本体を差し込みツバ付きナットで本体にトイレタンクを固定します。

この時、浮き球がまっすぐ上下に動くように固定してください。あとは、給水管を接続しトイレタンクのふたを元に戻せば交換終了です。

止水栓を開けて、手洗い管から水が出るか確認してください。ボールタップには、ダイヤフラム式のものがあります。これは、本体ではなくダイヤフラムを交換するのですが、あまり売っていないので業者に依頼するほうがよいでしょう。

止水栓の修理

止水栓の交換ですが、サイズや長さ合わせの必要があり、壁や床のなかにある継ぎ手にねじ込んであるため、水漏れが確認できないため業者に依頼しましょう。

まとめ

手洗い管の水が出ない原因は、トイレタンクとトイレタンクの外のどちらかにあります。まずは、しっかりと原因を調べて落ち着いて対処しましょう。自分で修理できる場合もありますが、無理をして状況を悪化させるまえに業者に依頼することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧