トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

水周りのプロ!給水装置工事主任技術者の在籍する業者を選んだ方がいい理由とは?

トイレのつまりや水漏れはすぐに修理が必要になりますが、そうした修理を便利屋に依頼する人も多いのではないでしょうか。こうした水周りの工事は、給水装置工事主任技術者と呼ばれるプロが在籍する業者を選んだほうが良いと言われています。

なぜその方が良いのか、その理由を説明していきます。

水道工事を実施するには特別な資格が必要

水周りの修理や工事は、原則として国家試験を持つ人や、水道局から指定されている工事店が行うよう決められています。蛇口のレバーに問題があり、それを取り替えると言ったことは給水装置未満の作業とみなされますので、資格を持っていない人でも交換や修理が可能です。

ですが、給水装置が原因で発生した故障などを修理する場合は、資格なしでは施行できません。給水装置に関わる工事は、給水装置そのものを交換する、給水管を導入すると言ったことです。

トイレタンクの水漏れや配管が詰まることによって発生するトイレのつまりは、資格無しで工事が可能な場合もありますが、資格を持たない人が修理した場合、他の場所に水漏れが発生したり、施工不良が発生する恐れがありますので、注意が必要です。

配管が詰まると一言で言っても修理するためには、詰まった原因を正しく特定し、それに適した道具が必要になりますし、場合によっては給水装置の修理も関係してきます。水道管の構造は複雑で、プロでも完全に修理できない場合もあります。そのため、工事が終わった後点検をし、水漏れの心配がないかどうかのチェックが不可欠になります。

資格が必要のない工事をした場合でも、施工後の点検をし、水漏れが発生するリスクを軽減する必要があります。水周りの工事は、給水装置工事主任技術者と呼ばれるプロが在籍する業者を選んだほうが良いと言われているのはこのためです。

給水装置工事主任技術者は工事全体を管理する

給水装置工事主任技術者の資格を持つと、給水装置工事の施工が可能になる他、水道局から工事の指定を受けられるようになります。給水装置工事主任技術者の仕事は、工事そのものをおこなうというよりも、給水施工工事の全体や流れを把握し、適切に管理していくところにあります。

給水装置は、家の蛇口と道路下に埋められている排水管をつないでいる、給水管部分のことを指します。給水管の他に水道メーターや止水栓も給水装置に入ります。

給水装置工事は、給水装置に関する修理や交換などを指しますが、給水装置工事主任技術者は、工事前の調査や検査と言った過程も管理します(実際に工事前の調査を行うのは給水装置工事主任技術者です)。 適切な水道工事は、このように工事前の調査から始まり、施工後のチェックで終わります。その全体の流れを管理しているのが給水装置工事主任技術者です。

もしこの資格を持つ人がいない場合、施工だけで終わってしまい、とても危険です。トイレのつまりが発生したら、修理だけではなく施工状況のチェックも依頼できるかどうか考慮して修理先を依頼するようにしましょう。

給水装置工事主任技術者が所属しているかどうかは、その店のホームページを調べることで確認できます。もしわからない場合は直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。工事後のトラブルを避けるためにも、良い店を見つけることは大切です。

給水装置工事主任技術者の資格を得るには

給水装置工事主任技術者の資格を取得するにはいくつか条件があります。指定された試験に合格することもそうですが、満20歳以上であること、さらに実務経験が必要な場合も出てきます。 職業訓練校の配管科を修了した場合、実務経験は必要ありませんが、高校や大学の土木工学科などを卒業した場合1年以上、高等学校を卒業している場合は2年以上、それ以外の場合は、排水設備工事など実務経験が5年以上となっています。管工事施工管理技士を目指す場合、実務経験は不可欠で2級でも1年以上必要です。

給水装置工事主任技術者の試験に合格し、資格免状の交付を申請します。申請してから交付まで2ヶ月ほどかかります。給水装置工事主任技術者証も必要な場合、交付されるまでさらに1ヶ月かかります。受験資格を得るまでに勉強と経験を積む時間が必要となり、試験に合格してからも免状などを受け取るために一定の期間が必要になります。

給水装置工事主任技術者の資格はそう簡単に取れるものではありません。逆にそういう資格を持つ人が在籍している業者は、信用度が高くなりますし、安心して工事を依頼できます。苦労して資格を取得した人が経営している店ならなおさら、より良いサービスを提供しようという姿勢が表れているのではないでしょうか。

トイレのつまりと言う一見簡単そうに見える工事でも、場合によってはさらなる水漏れやトラブルに発展する可能性がありますので、専門家にチェックしてもらえるような店を選ぶことをおすすめします。

 

トイレのつまりの修理など、水周りの工事は特別な資格が必要な場合が多々あります。適切な修理を望むなら、給水装置を含めた工事が可能な業者を選ぶことがポイントです。複雑な水道工事は、施工技術だけでなく、工事全体を管理する専門知識が必要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧