トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレつまり修理の見積もり時のチェックポイントについて解説!

トイレがつまってしまい、自分では直せそうもない。そんな時には修理業者に頼んで直してもらうのが安心安全です。一方で、どの業者に依頼するべきなのか?修理の相場はどのくらいなのか?は悩みどころです。本記事では、業者選定でお悩みの方に向けて修理業者を選ぶ際のポイントを解説していきます。

トイレつまりが発生する原因とは?

そもそも、トイレつまりが発生する原因はいくつかあります。つまりの原因と程度によっては業者を呼ばずに直せる場合もありますので、業者を呼ぶ前にまずはトイレつまりに関する最低限の知識を身に着けておくことも重要です。

ここでは代表的なつまりの原因と、それぞれのケースで業者を呼ぶべきか判断するポイントもご紹介します。

トイレットペーパーを大量に流した

トイレットペーパーは水に溶けやすい素材でできていますが、あまりにも大量に流してしまうとS字の排水管内に溜まってしまい、それがつまりの原因となることがあります。放置することで自然に改善されることもありますが、3時間以上放置しても改善されないようであれば業者を呼んで修理するのがよいでしょう。

固形物などを流した

水に溶けないものが流れてしまった時には、高い確率でつまりが発生してしまいます。また、流してしまったその瞬間には水が流れたように思えても、固形物は排水管の中に溜まってしまい、次に流したトイレットペーパーや便が引っかかって突然水が溢れる原因にもなり得ます。

固形物が目に見えない位置まで入り込んでしまった場合には自分で直すことは困難です。素直に業者を呼んで修理してもらいましょう。

トイレに流す水量が不足している

節水のために、トイレタンク内にペットボトルを入れるという方法があります。たしかにタンク内の水かさが上がることで節水はできますが、元々トイレで流れる水の量は一度で便が綺麗に流れるように設計されています。しかし、節水した分だけ水の流れが弱くなってしまうので詰まりの原因になります

また、大を小で流した場合にも必要な水量が確保できずにつまることがあるので注意しましょう。また、タンク内の部品の破損につながる恐れもあります。部品が破損してしまったら業者を呼んで修理してもらうしかありません。

トイレ詰まり修理の見積もり時のチェックポイント

いざ自分で直すのが難しそうだと判断した場合、まずは業者に見積もりを取ることになります。業者によっても料金形態や金額は異なりますので、慌てて修理を依頼してしまう前に必ず見積もりを取るようにしましょう。

きちんと確認しておかないと、後で相場よりも高額な請求をされてしまう可能性もありますので、見積もり時に押さえておきたいポイントをご紹介します。

相場を把握しておく

修理費用の相場は、トイレットペーパーの詰まりなどの軽度なものであれば8,000円~1万5,000円程度で、薬品を使用するだけで済んでしまう場合には比較的安く済みます。一方で、ローポンプなどの専用器具を使う必要があると高くなります。

配管の奥の方でのつまりや固形物のつもりなどの重度なものであれば1万円~3万5,000円程度で、排水管の奥で固形物が詰まった場合などは、便器の着脱や専用器具の使用によって比較的料金が高くなる傾向にあります。

修理費用以外にかかる金額を確認する

修理業者は一般的に作業を行った内容自体の金額とは別に、基本料金や出張費などが発生します。他にも、呼ぶ時間帯によっては深夜・早朝料金、便器や配管の部品に破損があれば部品代が発生することもあります。

何にいくらの費用が掛かるのかは業者によっても異なりますので、見積もり時に総額の内訳や、見積もり時から追加で発生する可能性のある費用があるのか確認を取っておきましょう。

現地見積もりなのか電話見積もりなのか

トイレつまりにはさまざまな原因や状態がありますので、基本的には故障具合を実際に見てもらわなければ、正確な料金を見積もることができません。電話やメールでの見積もりになる場合には、作業後に見積もり時の金額とは大きく異なるリスクがあることを認識しておきましょう。

一方で、現地見積もりの場合には出張費や見積り料が発生することもありますので、一度電話で具体的な見積もりの流れや料金を確認しておくのがオススメです。

トイレ修理業者を選ぶ際に意識するべきポイント

安心して修理を任せることのできるトイレ修理業者を選ぶために気を付けることは、見積もりだけではありません。そもそもどの業者に見積もりをすべきなのかも迷うことがあると思いるため、業者選定時に意識するべきポイントについても押さえておきましょう。

自治体や水道局の指定工事業者かどうか?

指定工事店とは、その区域において給水装置工事を適正に施工する事ができると認められていて、指定制度により指定された業者の事です。

指定を受けるためには、「営業所ごとに特定の資格保持者がいる」「特定の工事に必要な器具を所有している」「不正行ための恐れがあるなどの欠格要件に該当しない」などを満たす必要がありますので、その業者が自治体や水道局の「指定工事業者」なのかどうかは、1つの参考情報にできます。

対応が丁寧か?

安心して任せるためには、スムーズなコミュニケーションが取れるに越したことはありません。電話対応時や見積り時に、丁寧に分かりやすく説明してもらえる業者なのかどうかを意識してみてください。

説明に納得感があって質問にも丁寧に回答してくれるようであれば作業も丁寧に行ってくれる可能性が高いです。逆に、作業前のコミュニケーションで不安を感じたら、他の業者にお願いした方がよいでしょう。

実績のある業者かどうか?

実績のある業者は技術力や対応力に信頼のある業者といえますので、業者のホームページなどでチェックしてみましょう。また、口コミもある種の実績といえますので、口コミの多さや評価の高さなども参考にするとよさそうです。

 

トイレつまりは緊急事態です。早く直さなければと焦って行動してしまいがちですが、業者選定や見積りを怠るとトラブルの元になります。そもそもトイレを詰まらせないように正しく使用することを心掛けながら、万が一の時も、安心して任せられる修理業者に依頼できるように落ち着いて行動していきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧