トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

専用の道具を使わずにトイレつまりを直す方法について解説!

トイレのトラブルを経験したことある方はいらっしゃいませんか。突然、トイレがつまってしまい困ってしまうことも少なくありません。しかし、つまりの原因によっては専用の道具を使わなくても直す方法があるのです。そこで、今回は専用ツールを使用せずにトイレのつまりを直す方法について解説していきます。

専用の道具を使わずにトイレつまりを直す方法

トイレがつまったという経験をした人も珍しくないでしょう。突然、トイレがつまってしまうと困ってしまいますよね。しかし、つまりの原因によっては専用のツールや機材を使わなくても直すことができるのです。

たとえば、お湯を使用する方法です。トイレットペーパー等の紙類が原因でトイレがつまっている場合、お湯を使えば簡単に直すことができます。というのも、紙類はお湯に溶けやすいという性質があるので、お湯を使えば簡単につまりを直せるのです。

ただし、ここで注意が必要なのがお湯の温度です。お湯を使用する際は40℃~55℃のぬるま湯を使用することがポイントです。高温のお湯を使用すると配管が破損してしまう恐れがあるため、非常に危険です。そのため、お湯を使用する際は40℃~55℃のお湯を用意しましょう。

その他、重曹を使うのも効果的です。さらに、重曹の他にもお酢などもおすすめです。重曹やお酢を直接便器の中に流し込みます。目安としては重曹が150g、お酢が100mlぐらいあれば問題ないでしょう。そして、40℃~55℃のお湯を流して、同じく1時間ほど待ちます。すると、トイレットペーパーなどがしっかりと溶けて、つまっていたところが直っているでしょう。

ただ、これらの方法はあくまでも紙類に含まれる水溶性物質が原因のつまりに効果があります。そのため、それ以外のものが詰まって発生したトラブルには効果がないのです。

そこで、おすすめなのがペットボトルや針金ハンガーを使用する方法です。ペットボトルを加工してラバーカップに見立てて使用します。そうすることで、つまりを簡単に解消できることがあります。

さらに、針金製のハンガーをペンチなどで切断して先端を丸く整えます。そして、便器内に差し込んでつまりの原因を取り除けばつまりを解消できます。ただし、つまっている場所によっては針金ハンガーが届かないこともあります。その場合は、専用ツールを使用しなければならないでしょう。

トイレつまりの解消に専用の道具が必要になるケース

トイレットペーパーなどの紙類がつまった場合、お湯を使えば簡単に直すことができます。しかし、それ以外のものが詰まってしまったら、お湯では直せないでしょう。その場合、物理的に詰まったものを取り出す必要があります。

ただ、トイレの中に手を入れるわけにはいきませんよね。そこで、おすすめなのが針金ハンガーです。針金ハンガーを折り曲げて物がひっかかりやすくします。そして、トイレの中に差し込んで、つまっているものを取り出していくイメージです。手前の方で物がつまっている場合は、針金ハンガーで簡単に取りだすことができるでしょう。

しかし、奥の方でつまっている場合は、長さが足りないので針金ハンガーでは難しいといえます。

それでもトイレつまりが治らない場合は?

「専用ツールを使用して、いろいろ試したけど、直らない!」という方は専門業者に依頼したほうがよいでしょう。専門の業者に頼めば簡単につまりを解消してくれます。

しかし、業者に依頼する時は金額や作業内容などをしっかりと確認しなければなりません。まずは、複数の業者に問い合わせてだいたいの金額を聞くところからはじめましょう。

また、可能であれば家から近い業者に相談することをおすすめします。というのも、業者によっては出張料金を請求してくるところもあるため、できるだけ家から近いところの方が費用を抑えることができるのです。

また、見積もりだけでも費用がかかるところもあります。そのため、見積もりを依頼するときに無料か有料なのかをあらかじめチェックしておいたほうがよいでしょう。

その他、運営会社を確認することも業者選びのポイントの一つです。トイレつまりの専門業者には個人でやっているところも少なくありません。また、経験や知識に乏しい業者もあるでしょう。そのため、運営会社がしっかりしているのかどうかも判断材料として確認しておくことをおすすめします。

そして、業者に見積もりを取ってもらった後、作業してもらう前に追加費用が発生しないか必ずチェックしましょう。業者によっては、「配管が想像よりも長かったので、追加で1万円かかります」などといって、作業終了後に追加費用を請求してくるところも少なくありません。したがって、事前に追加費用の有無について確認しておくことが大切です。

 

トイレのつまりが発生したら、専門の修理業者に依頼する前に自分で対処できるか試してみることをおすすめします。つまりの原因によっては専用のツールを使用しなくてもつまりを解消できることがあります。ただし、自分で対策しても解消されない場合は専門の修理業者に依頼した方がよいです。本記事で紹介した業者の選び方を参考に優良な業者を選んで依頼しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧