トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

【解決策】ペットボトルで直す


トイレは用を足すために使うのはもちろんのこと、雑誌を読んでみたり自分好みに改装してみたりなど、憩いの場でもあります。そんなふうに普段何気なく使っているトイレですが、ついつい油断してしまい「つまってしまった」という経験は誰にでもあることでしょう。そんなときに役に立つのが、あのペットボトルです。

トイレがつまった!どうすればいいの?

当たり前のことですが、トイレというものはいきなりつまるものです。昨日まで快適に使っていたのに、今日は詰まってしまうこともあります。トイレットペーパーを流しすぎたのでしょうか。それとも他に原因があるのでしょうか。

いずれにせよ、便所というのは頻繁に使用する場所です。迅速に対処することが必要になります。そこで取るべき対応策としては大きく分けて2つあります。

まずは修理会社に依頼して来てもらう方法です。修理会社はプロですので、それはもうテキパキと確実に直してくれることでしょう。しかし便器のつまりを直すのにかかる料金相場は、およそ4,000円前後と言われており意外と高額です。しかも薬剤や機械などを使用した場合は追加料金がかかってきます。とはいえ、便器を使えなくなるのは非常に困ります。「数千円以上の出費は痛いけれど、背に腹は代えられない」と考えて、何のためらいもなく支払う方が大半ではないでしょうか。

そこで、ぜひとも試していただきたいのが、自力で直す方法です。便器がつまって修理会社に来てもらったときに、修理の現場を実際に見たことはありますか。つまりの程度にもよりますが、軽い場合は、ものの数分で直ってしまうこともよくある話です。そうです。軽いつまりでしたら自分でも直すことはできます。以下では自力で直す方法についてご説明していきます。

ラバーカップは大きくて収納に困る!

つまりを解消するための道具と聞いてまず思い浮かぶのは、ラバーカップではないでしょうか。ホームセンターにはもちろんのこと、スーパーなどあらゆる場所で売られていますので、簡単に手に入ります。

ラバーカップの使い方についてですが、まず便器の中に水が少ない場合は、ラバーカップを便器に入れたときに隠れるくらい水を足してください。次に便器の排水口にラバーカップを垂直に密着させて静かに押し込んで水圧をかけます。そして思い切ってグッと引き上げます。この押しては引くという作業を繰り返すことで、たいていのつまりは解消されるでしょう。

しかしラバーカップの平均的な値段はおよそ1,500円から2,000円くらいと意外と出費がかさみます。しかも「あの見た目にちょっと違和感を感じる」という方も多いです。また、トイレブラシよりもはるかに大きいサイズとくれば、困るのは収納ではないでしょうか。

トイレのインテリアにこだわり綺麗にされている方でしたら尚更です。もちろん、見た目がスタイリッシュなラバーカップも売られていますが、その分価格は高くなります。

そしてもしも小売店が近くにない場合は、どのようにして便器を修理すれば良いのでしょうか。近くにスーパーやホームセンターなどがあったとしても、夜間に便器がつまってしまった場合は、営業時間を過ぎていて手に入らないということもあります。

ペットボトルならお手軽で使い捨てOK!

便器のつまりを自分で修理するときに、ラバーカップを手に入れることができなければ、身近なもので対応するしかありません。そこで役に立つのが「ペットボトル」です。ラバーカップは、全てのご家庭に置いてあるとは限りませんが、ペットボトルの一本や二本なら大抵あるのではないでしょうか。

使い方ですが、まずはペットボトルを用意してください。サイズは500mlサイズがちょうど良いでしょう。そして飲み口のキャップは外して、ペットボトルの底の部分を切り取ります。数センチくらい切ってください。切り口で手を怪我をしやすいですので、切り口の部分にビニールテープを貼るなどしておきましょう。

次に、ゴム手袋をはめてペットボトルの底の部分を下にし、そのまま垂直に便器の排水口に突っ込みます。 手のひらを上に向けて、飲み口部分に親指の腹を押し当てて、人差し指と中指で挟む様にしてペットボトルを持ち、そのまま押したり引いたりを繰り返します。

最初は変化がなくても、そのうちに水の量が減ってきて、ゴボゴボという音がするようになったら、あともう少しです。さらに便器の中でペットボトルを押したり引いたりを繰り返すと、だんだんと水が流れるようになる可能性が大です。 もしもペットボトルで直せたらこんな便利なことはありません。使った後はそのまま捨てることができて収納場所にも困りません。

 

便器がつまってしまったときはとても焦ります。そんなときにすぐに直したいのでしたら、ペットボトルで試してみると良いでしょう。しかしペットボトルの場合は、やはりラバーカップに比べると性能は劣ります。無理だと判断したら修理会社に頼むなどして対処してください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧