トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

トイレの手洗い管の水が止まらない!原因と対処法をご紹介!


トイレを流した時に、タンクの上にある手洗い管の水が止まらない。そんな時にどうしたらよいか、対処法について解説します。手洗い管の水が止まらない原因は、タンク内部にあります。まずは、タンクにつながっているパイプの途中にある、ハンドルもしくはマイナスタイプの止水栓を右に回して水を止めましょう。

手洗い管の水が止まらない原因

手洗い管から出る水は、タンクに補給される水が出てくる仕組みになっているため、手洗い管の水が止まらない多くの原因はタンクの内部にあります。原因としては、ボールタップの不良・排水弁の不良・玉鎖の不良・レバーの不良などがあげられます。

それぞれ、どんな不具合を起こしているのか確認してみましょう。止水栓を閉めて水が止まっているのを確認したら、タンクのふたを外します。ふたを外す際は、ホースがつながっている場合があるので、ゆっくりと持ち上げ注意しながら外してください。

手洗い管の水が止まらないときのチェックポイント

タンクのふたを外し、最初にチェックするのは水位の高さです。タンクの中央付近にあるオーバーフロー管と呼ばれるパイプよりも水位が高いか、低いかを見ます。水位が高い場合と、低い場合でチェックするポイントが変わります。

水位が高い場合

水位が高い場合は、ボールタップと呼ばれる水位調整を行なう部品の不良が考えられます。

ボールタップには浮き球がついていて、水位によって浮き球が上下しボールタップ本体内の弁が開閉する仕組みになっています。トイレの水を流すと水位が下がり、弁が開いて給水を始め、水位が上がって浮き球が上がりきると弁が閉まり、水が止まるようになっています。手洗い管は、ボールタップから分岐したホースとつながっていて、タンクに補給する水が出る仕組みになっているため、ボールタップが不具合を起こしていると水は止まりません。浮き球がなにかに引っかかって沈んでいたり、はずれたりしていないか確認してください。

水位が低い場合

タンクの水位が低い場合は、いくつかの原因が考えられます。

1つ目は、排水弁の不良です。排水弁はタンクの底にあり、タンクのレバーと連動しています。レバーを操作すると玉鎖が排水弁を引き上げ、タンクの水が便器に流れます。このふたが閉まり切っていないと便器に水が流れていってしまうためタンクの水位が上がらず、水を補給し続けてしまうのです。ふたが閉まり切らない原因は、異物が引っかかっている・パッキンの劣化、などが考えられます。

2つ目は、オーバーフロー管の不良です。ボールタップの不良などが原因で水が止まらなくなった際、タンクから水が溢れるのを防止するため、水を便器に排水してくれるのがオーバーフロー管です。このパイプが破損していると、便器に水が流れてしまいタンクの水がたまらないため、水を補給し続けてしまいます。

3つ目は、玉鎖の不良です。タンクのレバーを操作すると、玉鎖が排水弁を引き上げます。玉鎖が何らかの原因で絡まったり何かに引っかかったりしてしまうと、排水弁が閉まらなくなり、水を補給し続けてしまいます。

4つ目は、レバーの不良です。レバーが破損、または固定が外れてしまって元に戻らないと、排水弁が閉まらず水が止まらなくなってしまいます。

手洗い管の水が止まらないときの対処法

ここまで、手洗い管の水が止まらない原因と、止まらない場合のチェックポイントを見てきました。それでは、チェックしたポイントごとの対処方法を解説します。不具合箇所を直したあと、止水栓を開けるときには、タンクのふたを元に戻してから開けるようにしてください。

ボールタップが原因の場合

ボールタップの浮き球が、なにかに引っかかっている場合は元に戻してください。また、浮き球が外れてしまっているときは、取り付けなおします。一度水を流したあと、止水栓を開けて水が止まるか確認し、オーバーフロー管よりも低い位置で水が止まれば大丈夫です。水が止まらなかった場合は、ボールタップ本体に原因があるため、ボールタップを交換する必要があります。ボールタップの交換は自分でもできますが、業者に依頼した方が安心です。

排水弁の場合

排水弁にゴミなどの異物が挟まっている場合は、異物を取り除けば解消します。パッキンの劣化の場合は、交換する必要があります。少し分かりにくいのですが、止水栓を開けたとき便器に水が流れてしまっていないか、確認してください。

オーバーフロー管の場合

オーバーフロー管が破損している場合は、フロートバルブを交換する必要があります。フロートバルブの交換は、タンクを取り外すため、業者に依頼しましょう。

玉鎖の場合

玉鎖が絡まってしまっている場合は、鎖を元に戻せばなおります。

レバー不良の場合

レバーが折れるなど、破損している場合は交換する必要があります。固定がはずれてしまっている場合は、取り付けなおせば大丈夫です。

まとめ

手洗い管の水が止まらない時は、最初に止水栓を閉めましょう。浮き球や、玉鎖が原因のような簡単なものは自分でなおせますが、部品交換の場合は業者に依頼する方がいいでしょう。同じメーカーでも、タンクによって使用する部品が違うため、探すだけでも手間がかかり、交換作業は意外と難しい作業です。さらなる水漏れを起こさないためにも、業者に依頼することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧