トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

業者に頼まず自分でトイレのつまりを直す方法

トイレは毎日、快適に使えることが理想ですが、ときにはトラブルが起きてしまうこともあります。特につまりは多いトラブルですが、業者に依頼せずにまずは自分で直してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。ここからは、トイレがつまる原因と自宅で行える改善策について書いていきます。

しばらく放置してみることもおすすめ

トイレは使用頻度が多いこともあり、何かとトラブルが起きやすい場所です。特につまりは困りますが、できることなら業者に依頼せずに自分で直したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

改善のためには、まずは原因を知ることも大事ですが、トイレットペーパーを一度に多く流し過ぎることも原因のひとつです。こうした専用の紙は水に溶けるようにできていますので、何もしなくても自然に解消できることも珍しくありません。しばらくの間放置し、紙が溶けたころに少しずつ水を流してみましょう。

これで改善できれば安心ですが、溶けていないときは、便器にたまった汚水をバケツなどに取り除き、お湯を入れて放置することもおすすめです。水よりも温度の高いお湯は紙がふやけやすくなりますので、試してみましょう。

この時も熱湯を入れてしまうと便器が割れる可能性がありますので、45度程度にしておきます。1時間ほど置いて水が流れるようなら修理は完了です。お湯を使ってもまだ改善できない場合は重曹やクエン酸をプラスしてお湯を流してみることも考えてみましょう。

水に溶けるタイプの紙であればこうした方法で改善が期待できますが、水に溶けない生理用品や紙おむつ、ティッシュペーパーなどは改善が難しくなります。大きな故障につながる可能性もありますので、こうしたものは絶対に流さないように心がけましょう。

道具を使って改善を目指してみよう

トイレのつまり対策には市販のラバーカップが使われることが多くなっていますが、すでにあるという場合はこの方法を試してみましょう。良い改善を得るためにはまずは準備が大切です。汚水が便器の上のほうまでたまっている場合は、バケツなどに取り除いておきます。作業中に周囲に水が飛び散る可能性もありますので、ビニール袋などで水が飛び散らない対策もしておきます。

袋の真ん中に穴をあけてラバーカップを通しておくと飛び散り防止に役立ちます。使い方はラバーカップを排水口にゆっくりと押し付けていき、その後勢いよく引っ張ります。これを繰り返すことで改善が期待できます。

便器内にあまり水がたまっていないという場合は、ラバーカップよりも真空式パイプクリーナーが改善に役立ちます。使い方は隙間ができないよう、排水口にぴったりと押し付け、レバーを上下させて本体を引き上げます。一回で改善できる場合もありますが、解消できない場合は複数回繰り返してみることがおすすめです。

水が流れることで、つまりが解消されたことがわかりますが、このときも一気に流さずにバケツの水を少しずつ流して確認してみるようにしましょう。解消できていない場合は、一気に流してしまうと水があふれ出してしまう可能性もあります。いずれの機器もホームセンターなどで手軽に入手できますので、もしもに備えて用意しておくことがおすすめです。

身近なものを使って改善を目指そう

スマートフォンなどの異物を落としてトイレつまりが起きてしまうことは珍しくありません。このときもまだ落としたものが浅い部分にあるなら、それを拾いあげることが大事です。汚水がたまっている場合はバケツなどに取り除いておきます。そして、ゴム手袋をつけて、トイレの中に手を入れて異物を拾い上げます。紙おむつなどが浅い部分で詰まっているときも同じ方法で取り出すことができます。再発を防ぐためにも、ポケットに物を入れないなどの工夫をしておきたいところです。

この他では自宅にある身近なものが解消に役立つこともありますので、その方法も知っておきましょう。クリーニングに出した際などは針金ハンガーつきで衣類がかえってくることが多くなっていますが、この針金ハンガーがつまりの解消に役立つこともあります。

ハンガーはそのままでは使えませんので、取っ手の近くをペンチで切ります。その後は先端をわっか状に曲げて排水口の奥に突っ込みます。つまりに当たったら、その部分に穴をあけるように小刻みに動かしていきます。ワイヤーブラシでの改善策と同じ方法です。ワイヤーブラシがあるという場合は、それを使うと良いでしょう。

それから、トイレに尿石がたまっていることもつまりの原因となりますので、尿石を取り除く洗剤などで汚れを落としてみることも考えてみましょう。極端に節水することもつまる原因となりますので、頻繁につまる場合は節水対策も考え直したいところです。

 

トイレのつまりは業者に依頼すれば早い改善が期待できます。とはいえ、軽度なつまりであれば自分で直せることも多いものです。まずは、放置してしばらく様子を見ると解消されていることもあります。

道具を使う方法では、ラバーカップや真空式パイプクリーナーも良い改善が期待できます。正しい使い方をすることも大事ですので、まずは使い方を理解しておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧