トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

修理費用の値段はどのくらい?業者に頼むと高い?相場を教えて?

トイレつまりが起こってしまった場合は早急に修理を行う必要がありますが、どのくらいの費用が必要になるのだろうと心配になる人もいるはずです。自分で直す場合と業者に依頼する場合では、値段に大きな違いがあります。

一般的なトイレつまりを直すための値段の相場を参考にして、どれくらいの費用が必要となるか確認しておきましょう。

自分で修理する場合の費用はどのくらいなのか

自分でトイレのつまりを解消しようと考えているのであれば、かなり安い値段で直すことができるはずです。重曹とお酢、ラバーカップなどを使用して解決するという方法もありますが、これらを使用する場合は100円から300円程度で揃えることができます。

真空タイプでポンプがついているラバーカップである真空パイプクリーナーを使用するのであれば、1,000円から2,000円ほどで買えるでしょう。排水管の掃除を行うためのワイヤーブラシを活用する場合は1,000円から5,000円で購入可能です。

10,000円から30,000円ほどの高圧洗浄機を購入してトラブルを解決する人はなかなかいないので、高くても5,000円で修理することができるでしょう。あくまでもこれは最も高い道具を準備した場合であり、ぬるま湯やハンガーを使用する方法であればお金をかけずに直すことができるかもしれませんし、すでに自宅にあるものを活用すればかなり安く直せる場合があります。

自分で直すとき、場合によってはお金をかけずに直すことができることもあり、高くても3,000円から5,000円ほどで道具を買い揃えることができるでしょう。しかしながら、必ずしも自分で直せるわけではありませんので、これらを使用して直らなかった場合は業者に修理を依頼しなければならないので、その費用も知っておくべきだと言えます。

業者にトイレつまりの修理を依頼した場合の相場料金

トイレがつまってしまって専門の業者に修理を依頼するのであれば、総額費用の相場は15,000円から50,000円ほどだと言われています。これはあくまでも自分で直すことができないようなケースの修理の場合なので、自分でも直せるような軽度のトラブルであれば10,000円以下で修理してもらうことができる場合もあるでしょう。

細かく見ていくと出張費の相場は8,000円以内であることが多く、出張費が無料のケースもあります。技術費は5,000円以内になることがほとんどですが、これに材料費や作業費が加わるので高い修理費になってしまうというわけです。

簡単な作業であり材料費が少ない場合は10,000円以内で直してもらうことができるでしょう。ですが、便器を着脱するような作業や集合住宅で高圧洗浄を行う場合などは作業費がかかってしまい、50,000円ほどの値段になってもおかしくありません。

相場を知らなければ不当に高い料金を請求されているのではないかと疑ってしまうかもしれませんが、作業費や材料費を加えていくとかなり高い料金になってしまうことが少なくないと知っておきましょう。相場料金を把握していなければ依頼しようとしている業者が安いのか高いのか分からないので、どのように値段が決められているのかを知り、正しく判断することができるようにしてください。

作業内容によって費用は大きく異なる

業者に依頼して直してもらう場合は出張費や技術費の他に材料費や作業費が必要となりますが、具体的にどれくらいの金額になるか知っておくと依頼するときに便利です。材料についてはパッキンやボルトであれば1,000円以内、フロートバルブや止水栓、タンクレバーなどは3,000円以内であることが多いと言えます。

タンクの内部にある給水や止水の役割を担っているボールタップは3,000円で交換してもらえる場合もあれば、10,000円以上になってしまうこともありますが、つまりだけの修理であればほとんど交換になる可能性はありません。主に用いられる材料は3,000円以内のものが多いことが分かります。

一方で作業費は安くても5,000円ほどかかることが多いです。最も安いのはつまり除去作業だと言われていますが、これは安ければ5,000円ですが状況によって30,000円ほどかかってしまう可能性があります。

部品を着脱する場合は15,000円ほど、便器を着脱する場合は50,000円ほどかかってしまうことがあるので注意が必要です。高圧洗浄も15,000円から45,000円と高額になることが多いと言えます。

つまりを除くために業者を呼んだとしても、他にも不具合があれば直す必要が出てくる場合もあるので、いざというときのために作業内容別の費用相場を知っておきましょう。

 

トイレの修理を業者に頼むと、自分で修理するよりは高い金額になってしまいます。安くても5,000円はかかると言われていますし、修理内容によっては50,000円以上の金額になってしまうかもしれないと知っておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
株式会社ザットマンの画像1
第2位 クラシアン
クラシアンの画像1
第3位 トイレ110番
ホームライフパートナーズ株式会社(トイレ110番)の画像1
イースマイルの画像1
記事一覧