トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

冬の時期にトイレのつまりが多くなる原因とは?解消法を学ぼう!

解決法

突然トイレがつまってしまうと困りますよね。また、冬の時期は寒さの影響でとくにつまりやすいといえるでしょう。しかし、つまりの対策方法を知っておくと冬場のつまりを改善したり、予防したりすることができます。今回は冬場のトイレがつまってしまう原因や対策方法を解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

冬の時期にトイレのつまりが多くなる原因

冬の時期は気温が下がることでトイレがつまりやすくなってしまいます。そもそも、なぜ気温が下がるとトイレがつまりやすくなってしまうのでしょうか。その答えは配管が凍結するからです。

気温が下がることで配管内に流れる水が凍ってしまい、水が排出できなくなってしまいます。これがつまりの原因です。とくに朝方や深夜は気温が低下してしまうので、配管が凍りやすくなってしまいます。

また、配管が凍結してしまう以外にも、便などの排泄物自体が硬くなってしまうのも、トイレつまりの原因といえるでしょう。気温が低下することで、便自体の硬度が増してしまいます。硬くなった便は配管を通りにくくなってしまい、水の流れを遮断してしまう可能性があります。

そのため、トイレのつまりが発生してしまうようです。冬の時期は配管の凍結や便が硬くなってしまうことが原因で、トイレのつまりが起きてしまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし、配管の凍結を放置しておくと、さらに大きなトラブルを招きかねません。配管パイプが凍結すると、水がせき止められてしまいます。しかし、そのままトイレを使用していると排水された水の行き場がなくなってしまいます。

行き場がなくなった水の水圧によって配管に穴が開いたり、破損したりしてしまう可能性があるようです。実際、気温が低くなると凍結が原因で配管の破損が起きることも珍しくありません。したがって、冬の時期のトイレのつまりには、充分に注意しておいたほうがよいでしょう。

冬場のトイレつまりを解消する方法

冬場にトイレつまりが起きたときは、3つの手順で改善できるかもしれません。まずは、つまりの原因を確認するところからはじめます。つまりの原因を確認することで対策方法が変わります。また、原因によっては自分で対応できない場合もあるため、まずは原因を確認しましょう。

冬場のトイレつまりの原因を確認するためには、タンクのレバーを何度か操作します。レバーを引いても水が出ない場合は給水管が凍結している可能性が高いです。

また、レバーを引いて問題なく水が出てくる場合は給水管には問題ないことが分かります。ただし、水が出てきても便器から水がうまく流れない場合は、給排水管に異常が起きているかもしれません。

たとえば、給排水管が凍結していたり、排泄物が硬くなってうまく流れていなかったりする可能性があるでしょう。原因が給水管なのか排水管なのかによって対策方法が変わります。給水管に原因がある場合、給水管を温めるなどの対策が効果的です。

カイロを使用したり、40度~50度のお湯をかけたりするのも効果的といえます。そうすることで、凍結した給水管を徐々に溶かすことができ、水が流れるようになります。ここで注意が必要なのが、温めすぎないことです。とくに高温のお湯をかけるのは厳禁です。

そもそも、給水管は水が流れることを想定して造られているため、高温のお湯には対応していません。高温のお湯をかけてしまうと、給水管が破損する危険性があるため、必ず40度~50度くらいのお湯を使うようにしましょう。

一方、排水管に原因がある場合は、便器内に40度~50度のお湯を流して、徐々に排水管を温めていきます。排水管は建物の下に埋まっているため、直接パイプを温めることは難しいでしょう。そのため、お湯を流したり、室温を高くしたりして、ゆっくりと温めていくことがポイントです。

冬場のトイレつまり予防法

冬場は気温が低くなることで凍結などが起き、給排水管がつまってしまうことがあります。しかし、あらかじめ予防をしておくことで、冬場のトイレつまりを防げるかもしれません。給水管や便器を保温しておくことが効果的です。

そもそも、気温が低下することでパイプ内に残っている水が凍結してしまいます。そのため、パイプの中の温度が低くなりすぎないように、給水管や便器を保温しておくことをおすすめします。最近は凍結防止ヒーターなどが売られているので、凍結防止ヒーターなどの対策グッズを使用するのもよいでしょう。

そのほか、凍結防止剤をトイレに投入する方法もあります。凍結防止剤を入れておくと、気温が低下しても凍りにくくなるため、凍結を未然に防ぐことができるのです。

冬場のトイレつまりの主な原因は、気温が低くなることで凍結してしまうところにあります。そのため、日ごろから給排水管などの凍結防止対策を取っておくことが大切です。

 

冬場は気温が寒くなり、給排水管が凍結することでトイレがつまってしまいます。しかし、日ごろから凍結防止ヒーターや凍結防止剤を使用することで、未然にパイプの凍結を防ぐことができます。また、便器自体を保温したり、室温を高くしたりしておくことも効果的といえるでしょう。冬場のトイレのつまりはある程度未然に防げるため、日ごろから対策しておくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧