トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

焦らず冷静に対処しよう!自分でトイレつまりを直す際の注意点


いつ起こるか予測できない家の中のトラブルでもとくに困るのがトイレつまりではないでしょうか。家にトイレが複数あるならともかく、たいていの場合1つしかないのでのんびりと直るのを待つことなんてできません。トイレつまりに直面したときに自分でできることはあるのか、また業者に連絡すべきタイミングなどについてご紹介します。

一人で直す場合のトイレつまりの解消法

トイレの突然のつまりに直面するとパニックに陥ってしまい、冷静に対応できなくなってしまうのでまずは落ち着くことが大切です。お金をかけずに自力で直せるものもあるので、焦らずに試してみましょう。まずはゴム手袋やマスクをして保護します。ウォシュレットタイプなど電気を使用している製品は電源プラグを抜いて、タップが濡れないようビニールをかけておくと安心です。止水栓も忘れずに止めておきます。

薬剤を使う

専用の薬剤を使って、原因となるものを溶かします。原因が特定できる場合には内容に応じたものを使うようにしてください。薬剤を入れた後、30分程度放置しておくだけなのでとても簡単です。他の薬剤と混ぜると有害ガスを発生する危険性があるので注意書きをよく読んで使ってください。普段から定期的に使用しているとより効果があります。

水/お湯を使う

事前に便器内の水を汲みだしておきます。水やお湯を高い位置から少しずつちょろちょろと流し入れます。水やお湯が追加されることで原因となっているものを押し流します。水がはねてトイレ内が汚れたり、漏れてしまったりすることがあるので周りにビニールや新聞紙を敷いて保護します。お湯を使うときは50度程度にすることを忘れないでください。

ラバーカップを使う

和式用・洋式用があるので自分の家のトイレに合わせたものを準備します。使い方はいたって簡単で、排水口にぴったりとくっつけて密着させたまま押したり引いたりを繰り返します。数回行っただけではすぐに解決しないので何度も根気よく繰り返し試すことが大事です。

自分でトイレつまりを直す際の注意点

自分で対処する際に、やってはいけないことをご紹介します。自分で直せるものでも間違った方法を取ることで逆に悪化してしまったり修理代がかさんでしまったりすることもあるので気をつけましょう。

熱湯を使う

トイレットペーパーや汚物がつまった場合にお湯を使うと溶けて解決することがありますが、その際に60度以上の熱湯を使うのは危険です。陶器は熱に弱いので破損の恐れがあるからです。ひび割れてしまうと水漏れの原因になるのでそのまま使い続けることが不可能になってしまいます。また、熱湯でやけどをすることもあるのでぬるま湯を使うようにしましょう。

便器を解体する

つまりを解消するために便器を解体することを試す人がいますが、正しい方法で解体しないと復元するのに時間がかかってしまったり、部品を失くしてしまったりする危険性があります。また、外した部品についた汚れがトイレ内について掃除が大変になることもあります。

強い薬剤を使う

強い薬剤は効果的と思われがちですが、部品や陶器を傷つけたり破損したりすることもあります。また、直接触ってしまうと肌にダメージを与えることもあり、非常に危険です。

流水で流す

何かがつまったままの状態で流水を使用すると、逆流してしまうことがあります。先に適切な方法でつまりをきちんと直したうえで、少しずつ水を流して状態を確認するようにします。

業者に頼むべきか否かの見分け方

業者を呼ぶとそれなりに費用がかかってしまうため、できるだけ自分で修理したいとは思いますが、業者に頼んだほうが時間的にも費用的にも節約できる場合があります。どのようなときに呼ぶべきか参考にしてください。

自分で直せなかった

自分でできるすべての方法を試したけれどどれも改善につながらなかった場合や、いくつかの方法を試している途中でどうにもならなくなってしまった場合には、潔く業者を呼びましょう。何がつまっているのかがわからないときや、思い当たる原因がないときも業者に頼るのが得策です。同じ方法を何度試しても改善されるどころか悪化してしまうこともあります。

放置してもダメだった

水に溶けるものがつまっている場合に、数時間おくといつの間にか直っていることがあります。1日経っても直らない場合には業者に連絡したほうが賢明です。自宅のトイレがずっと使えないのは不便なだけでなく、ストレスにもつながります。我慢を続けていることで膀胱炎にかかったり、体調を崩してしまったりすることもあるので早めに連絡することが必要です。

経年劣化が原因

原因が何かを落としたことや何かが挟まっていたりすることではなく、経年劣化が原因となっている場合は根本的な解決が必要です。配水管が経年劣化している場合は素人では解決が難しいです。

 

自分で対処できれば無駄なお金がかからずに済みますが、焦ってやみくもな対策をしてしまったせいで状況が悪化してしまうこともあります。ある程度自分でできることをやってみて、それでも直らないときには無理せずに業者に連絡します。時間に余裕がある場合にはいくつかの業者に見積もりを取って、口コミ等を確認して良心的な業者を選ぶことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧