トイレのつまり・水漏れもすぐに解決!評判のいい修理業者をランキング形式でご紹介!

知っておけばいち早く気付ける!トイレがつまりやすい季節はいつ?


トイレは誰もが毎日使う設備ですが、使うたびに詰まっていないか、流れが悪くなっていないかなどを確認する人はあまりいないのではないでしょうか。そのため、すぐに異常に気づくことができない場合も少なくありません。トイレの詰まりやすい季節を知っておくことで、トイレの異常にも気づきやすくなり詰まった場合でも対処しやすくなります。

トイレがつまりやすい季節は冬!

トイレには詰まりを起こしやすい季節があることを誤損でしょうか。気にしたことがある人はほとんどいないかもしれませんが、トイレ詰まりは「冬」に多く発生しています。冬は気温が下がり寒さによって水道管内やタンク内の水が冷やされ、便器に運ばれる水が凍ってしまったり、水が冷えたことで流したトイレットペーパーや排泄物が溶けにくくなっていたりして詰まりを起こしやすい環境になっています。

暖かい季節であればトイレットペーパーや排泄物は溶けやすく下水まで流れるのですが、水が冷たいと排泄物などは氷のように固まってしまい1度詰まってしまうと自然には直りにくい状況になってしまうので注意が必要です。普段と変わらない使い方をしていてトイレが詰まっていると感じた場合は、水道管内の水や排泄物の凍結によるトラブルの可能性があることを覚えておきましょう。

トイレの給水管や排水管が凍結すると詰まりの原因になってしまうだけでなく、配管自体が破損してしまう恐れもあります。水が凍って体積が増すことで配水管に大きな負担をかけてしまい、パイプ接続部分やパッキンの破損や破裂などに派生して、トイレの詰まりだけではなく水漏れトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

冬のトイレつまりの対処法とは?

トイレの水が凍っていることが詰まりの原因となっている場合は、氷を解かすのと同じようにお湯を注いで溶かしてみましょう。熱湯を注ぐ方がより効果があるように感じてしまいますが、便器が温度差に耐えきれずにひび割れを起こす危険があるので、必ずぬるま湯を注ぎましょう。

トイレが凍結してしまうと解消するまでにかなりの時間がかかります。対処を急ぐあまり器具を傷めてしまうこともあるため、日ごろから凍結予防することが大切です。凍結予防の基本は「水抜き」です。今までは止水栓を閉めて給水を止め、トイレに残った水を流しきる方法が一般的でした。

しかし最近はトイレの種類によって水抜きの方法が異なり、止水栓を閉めるだけでなくボタンやレバーの操作をして配水管やタンクの水まで水抜きするものもあります。必ず事前に確認してから設置してあるトイレの手入れ方法に従いましょう。また、手順に従ってきちんと水抜きをしても便器の底に水が溜まっている場合があります。これは虫や悪臭を防ぐための封水というものなので、取り除く必要はありません。

しかしこの封水も凍ってしまうとトイレを破損させる可能性があるので、封水の凍結が心配な方は市販の凍結防止剤を使用するとよいでしょう。トレイの水抜きとともに効果がある予防策として、給水管や便器の保温があります。凍結防止用のヒーターを給水管に巻きつけたり、ヒーター機能のある便器の場合は電源を入れて温めたりしておくだけでも凍結防止になるので活用しましょう。

直らない時のためにトイレ修理業者の選び方を知っておこう!

トイレの詰まり予防をしていても詰まってしまい、ご自身で対処しても直らないこともあるでしょう。そうなるとプロに修理を依頼しなければ使えるようにはなりません。依頼が必要な状況になっても、どんな基準で選べばいいのか悩んでしまう方もいるかと思いますので、大まかな対応についてご紹介します。

水道業者や設備業者にトイレの修理を依頼し、部品の交換が必要ない修理であれば受付から修理完了まで1日程度で終わります。ただし、部品の交換が必要な修理であれば取り寄せに時間がかかってしまうこともあるので理解しておきましょう。業者によっては部品の在庫をすでに持っている場合があります。即時対応できる業者や正式に作業依頼を受けてから部品を取り寄せる業者などさまざまです。

業者を選ぶ際には、基本的には3社くらいに修理の見積り依頼をするとよいでしょう。これは住んでいる地域での「料金相場」を調べるためです。業者によって料金が違うことはよくあり、中には他社より高い金額を請求してくる業者がいるかもしれないので、1社だけでなく3社に見積りをとって料金相場を確認するとよいでしょう。

 

冬のトイレは給水管か排水管のどちらかが凍結して水の流れが悪くなってしまい、詰まりの原因となってしまいます。解消するにはかなりの時間がかかってしまうことが多いので、急なトラブルに見舞われないようトイレの凍結防止に努めることをオススメします。それでも詰まりが発生してしまった場合は記事で紹介した対処法を試してみてください。しかし確実に復旧するためにも、すぐプロに相談するのが良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
トイレのつまり・修理におすすめの業者
第1位 ザットマン
ザットマンの画像
第2位 クラシアン
クラシアンの画像
第3位 トイレ110番
トイレ110番の画像
イースマイルの画像
記事一覧